VARDIA 3ヶ月使ってみてちょっとレビュー

年末に買った東芝のHDDレコーダVARDIA、ドラマをシーズン予約して使ってました。
今日はビデオに録ってたやつを2週間分ぐらいまとめてみました。

視聴率がすごかったらしい「華麗なる一族」、最後あんな終わりかたってなんだかすっきりしない感じです。微妙。「花男」はわかりやすい展開で大逆転勝利の happy ending これは言うことナシだね。「秘密の花園」は最後にすっきりまとまってみんな新しいことはじめますみたいな前向きな終わり方。いいねぇ。

個人的にイチバンは「東京タワー」
なんか、感情移入がすっとできちゃってて泣きまくりのドラマだったですよ。

っとココまでに話に出てこなかったドラマがいくつか。
「今週、妻が浮気します」「ハケンの品格」「エラいところに嫁いでしまった!」「きらきら研修医」「特命係長 只野仁 TADANO HITOSHI」全部見たかったからおまかせシリーズ予約していたんだけどゼンゼン録画しれくれなかったので見れませんでした。

つーことで、僕がVARDIA使うんならいままでのビデオデッキの録画テープがHDDにかわったぐらいの使い方しかできないようだ。観たい番組を一つずつ予約しているような普通の方法がこのマシンには性に合ってるらしい。

おまかせ録画、シリーズ録画が使えるレベルではない、おそらくハードウェアのスペックが低いためいろんなところに制限が出てきちゃってたくさん録画しても制限の影響で観れないことの方が多い。これはもう僕の使い方には向いてないとはっきりわかっちゃったんでちょっと無駄な買い物した感が強いです。

いいところはハードディスク容量が大きくてWチューナーでっていうほんとに表面でアピールしている点だけ。それを生かせてないのは残念ですね。マニア向けという理由がよくわかりました。