2010年1月28日

1135

[Bluetooth]
Bluetoothワイヤレスキーボード ELECOM TK-FBP014 と Microsoft Bluetooth Mobile Keyboard 6000 を買ったよ。


マウスはLogicoolばかりなのにキーボードはLogicool製品は全然使ってません。FILCOとかPFU(HHK)じゃなきゃイヤだ! というわけではなく、ノートパソコンっぽいキーレイアウトのパンタグラフ系のキーボードが好きなんです。

いままではELECOMのTK-FCP004という有線のUSB接続のキーボードを使っていたのですが、無線がいいなぁと思ってBluetoothワイヤレスキーボードを買ってみたのです。

上:新しく買ったBluetooth無線接続の ELECOM TK-FBP014
下:今まで使ってたUSB有線接続の ELECOM TK-FCP004

TK-FCP004のほうがちっちゃいしかっこいいですね。かな表記がないのですっきりしててキートップも違います。TK-FBP014のほうがストロークが大きくて打鍵音がうるさいかな? 買ったばかりだからしばらくしたら変わるかもしれませんがキータッチはTK-FCP004が好きです。

せっかく買ったTK-FBP014が残念なことになってますが、いいこともあるのです。
複数のパソコンをBluetoothでペアリングできて[Fn]+[F1]~[Fn]+[F9]で切り替えることができるのです。

複数のパソコン使うときでもキーボード切替器いらないから便利です。
まぁ、マウスは2個いるんですけどw

PC1にデスクトップをPC2にviliv S5を登録。
右下のちっちゃい画面がviliv S5です。キーボードついてないのです。

PC1とPC2は[Fn]+[Tab]で交互に切り替えることができるので頻繁に使う機器はここに登録しておくと便利かもです。ただ、切替の時に2秒ぐらい接続の間があります。USBのキーボード切替器も持ってるのですが同じように接続待ちがあるので個人的にはあまり気になりません。

さらにPS3も登録できちゃったりするのです!
ときどきしか使わないPS3はPC3に登録しました。

amazonでの価格が5,000yenぐらいなのでBluetoothキーボードでは安いほうかな? ホントはTK-FCP011のデザインでTK-FBP014の機能だったら一番いいのになぁ。

関係ないですがviliv S5にはBluetooth機器がいっぱい登録されてたり。

 

さて、トップに写真を持ってきたもののここまでまったく触れられていないMicrosoft Bluetooth Mobile Keyboard 6000ですが、実はあまり使ってません。

キータッチは軽くて、が、しかし、いい感じのクリック感がありかなりお気に入り。デザインもよくて単4電池ということもあってめっちゃ薄いです。

で、なんであまり使ってないのかというと[Enter]の右側にもキーがあってよくミスタイプしてしまうのです。[del]とか押しちゃう。買う前からわかってたのですがこのあたり気にならないならコストパフォーマンスもよくていい製品なのに!

関係ないですが左下が[Ctrl]じゃなくて[Fn]だったりするキーボードも苦手です。

写真はありませんが、10keyが別についててそれはよく使ってます。

ノートパソコンでワイヤレスマウスとワイヤレス10key使うと、USBケーブルの出っ張りなくてすっきりしていいですよ。普段はマウスとか10keyなくてもいいんですが、CAD作業するときはあると便利なので使ってます。

 

最後にうちにあるワイヤレスキーボードの大きさ比較写真。

左:SONY VAIO VGP-WKB1/J (ワイヤレスだけどUSBレシーバがでかいw)
中:ELECOM TK-FBP014
右:Microsoft Bluetooth Mobile Keyboard 6000

 

Posted by myaguchi at 00:38 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年10月 7日

1124

[pc]
ノートンインターネットセキュリティに振り回される。


ウイルス対策は2008バージョンはウイルスバスターだったんだけど、2009バージョンからNorton Internet Securityを使ってます。

ウイルスバスターからノートンに変えた理由は、警告がうまく解除できなくてブロック解除登録したソフト(プログラム)でもブロックされまくりでうんざりしたので。

ところが、2009年09月某日問題発生。なんのことはない2010バージョンが発表される前に1年更新期限が切れてしまったのですw

去年より発売日が遅かったんですよね。しかたなく、NOD32体験版をインストールしていたところ、Norton Internet Security 2010が発表されます。USBメモリ版の発売は10月だったのでとりあえず2010体験版をインストール。Amazonで注文していた製品版が届いて上書きインストールしたところ。。。

アクティベーションができない!

プロダクトキーが間違っているとか言いやがる。2本買ったのでもうひとつので試してみたが結果は一緒。いったんアンインストール後、インストールしてもダメ。

結局、サポートに問い合わせてネットからファイルをダウンロード、インストールしたところ問題なくアクティベーションできたのですがそれでは買ったメディアの意味がない。どうなってるんですかホントに、というお話でした。

余談ですが、サポートに問い合わせる際、電話、メール、チャットがあったので?と思いつつチャットで問い合わせてみました。今回はファイルダウンロードしないといけなかったので電話だと大変だったかもしれませんね。

最近はMicrosoftから無料のMicrosoft Security Essentialsとかリリースされているようでそろそろ無料のアンチウイルスソフトでもいいような気はしてますがどうなんでしょう?

Posted by myaguchi at 17:01 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年10月 5日

1123

[pc]
Microsoft LifeCam Cinema気に入った!


まずはじめに。
うちの場合、ニコ生車載放送、つまり、屋外で使うときの話なので 室内ではかなり話が違います。スタパトロニクスMobileがすごく参考になると思うのでまず紹介。

てなわけで、フツーにも使えるし、ちょっとキレイな絵も撮れるし、扱いやすくてカッコイイWebカメラが欲しい、てな人はこのLifeCam Cinemaをチェックしてみると楽しいかもしんない。

届いたばかりでほとんど使ってない状態ですがファーストインプレッションを。

Logicool Qcam Pro for Notebooks(QCAM-200V)の置き換えで使いたいと思い買ったんですが、悩んだところもあります。

(よさそうなところ)

  • HD(720p)はいらないけどガラスレンズだしキレイに撮れそう
  • ノイズキャンセル機能搭載の内蔵マイク
  • スタンドがフレキシブルでスイングもできる

(よくわからないところ)

  • 要求スペックが高い → Pentium Dual-Core 1.6 GHz 以上
  • 実売価格が安いのでホントに画質は大丈夫なのかなぁ?
  • viliv S5にどうやって固定しようか(車載には関係ないですが)

そもそも、viliv S5はネットブックでATOM Z520と非力なCPUで動くがどうかも怪しかったのですが、機能限定で動作しました!

(左:viliv S5/右:デスクトップ:動作が怪しい解像度は!マークつくようです)

ニコ生の解像度は最大でも640x480ですが、今日の車載テスト放送ではviliv S5でも問題なく放送できました。

QcamとLifeCamで大きく違ったのが自動露出補正です。夜、車載放送すると真っ暗でなにもみえないことが多々あるのですが、LifeCamは笑えるぐらい明るく補正をかけてきます。信号待ちで止まっているとき、前のクルマが白飛びしてみえないぐらい明るいです。Qcamは少し明るいかな?ぐらいの自然な感じです。
普通ならQcamを選ぶところですが、夜の車載放送はLifeCamぐらい派手に露出補正かけてくれたほうがわかりやすくていいなぁということで、ニコ生車載するならLifeCamいいなぁと思った訳です。もちろん、気になる人はどちらも手動で補正することができるのでこれはないなと思ったら調節可能です。

画質は普通に綺麗で安心しました。ニコ生放送するには問題なし。車載動画を録画してニコニコ動画にアップするにもいいと思うんですが、PCスペックがある程度必要なのとハンディカムのように手ぶれ補正がついてないのでそのあたりは好みが分かれると思います。

内蔵マイクのノイズキャンセル機能は外ではちょっと厳しいようで、ロードノイズとかひろいまくりでした。ただ、Qcamのようにオーバーレンジでバシバシ音がすることはなかったので遮音性の高いクルマなら問題ないかも?

スタンドがスイングするのはすごく便利。ただ、フレキシブルすぎてどう固定すればいいのか悩みます。本体が軽い点もガタガタ揺れる環境では安定しない原因のひとつかも。Qcam Pro for Notebooksはクリップ式なのではさむところがあればしっかり固定できるけどスイングできない。ここは悩ましいところですが、100yenショップに売ってる洗ったら粘着力が復活するクッションで貼ればLifeCamがいいかな?

Qcam Pro 9000を使っている人ならこの小ささはかなり魅力的かもしれません。9000との比較もできればいいのですが、誰か貸してくれませんかw

また、amazonでの実売価格が6,000yen切ってるのでコストパフォーマンスはかなり高いと思います。Qcam Proも安くなってきてるのですがそれでも少しお値段高いです。

ということで、長くなりましたが個人的には買ってよかったです!

Posted by myaguchi at 23:26 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年9月16日

1118

[pc]
最近エレコム製品がいい感じ。新しいキーボードも気になるのです。


タイトルが思いつかなくて。
ELECOMから新しいキーボードTK-FCP011シリーズが発売されるそうです。

クリスタルのような透明感を持ち、デスクスペースを美しく演出する、薄型コンパクトサイズのフルキーボード“TK-FCP011シリーズ”を10月上旬より新発売いたします。
クリスタルのように透明感のあるというキートップを採用したキーボード。ダブルインジェクション成形により、不透明なパーツの上に半透明なパーツをかぶせることで透明感が演出されている。

昔からマウスはLogitech(Logicool)、キーボードはIBMかSONYだったのですが、今使ってるキーボードはELECOMのTK-FCP004だったりします。TK-FCP011のデザイン違いみたいな感じですね。

選ぶポイントは簡単でキー配列とパンタグラフという2点です。はじめに慣れたキーボードがThinkPadだったので、ノートパソコンのキー配列+パンタグラフキーに慣れてしまったのです。なのでThinkPadとはちょっと違うかもしれませんがTK-FCP011のキー配列は好みです。

TK-FCP004の黒を使っているのですが、キー回りの凹んだ部分のゴミが目立つのでTK-FCP011のほうが掃除しやすくていいかもなぁなんて思ったのです。

(写真撮ってみたけど改めてホコリが目立つ。ワイパーでホコリ取ったのに)

それはさておき、なんか最近ELECOM製品ばかり買ってしまってるなぁ。アウトレット?ならエレコムわけありショップで安く売ってたりするのでノゾイテミテハ?
あ、TK-FCP004がamazonでめっちゃ安くなってる(><;

Posted by myaguchi at 03:05 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年8月30日

1114

[FUJITSU LOOX P70UN]
パソコンで使うマイクを比較してみた。


ニコ生で配信するときいちばん難しいのは音だと個人的にはいつも思う。これはニコ生に限らず、以前からSkype、Ustream、Peercastと音を伝えるときはいつも感じていたのです。パソコンが変わると設定も変わるし、マイクが同じでもサウンドボードが変わると違うし、なかなかうまくいったためしがない。音質はともかく、音量が大きすぎ、小さすぎ、ノイズが大きいなどいろいろ問題に遭遇しました。

今日はニコ生配信でうちにあったマイクを比較しながらリスナーの方からコメントいただきました。本当にありがとうございます。車載ではなく家での評価でしたが、試してみたのは次の5つ。すべてLOOX Pで確認しています。

(左から ECM-DS30P / ECM-PC50 / HS-MC01 / Qcam Orbit AF)

  1. LOOX P70UN内蔵マイク
  2. HS-MC01(ELECOM)
  3. ECM-PC50(SONY)
  4. ECM-DS30P(SONY)
  5. Qcam Orbit AF(Logicool)

1.~4.はマイクコネクタ(ミニプラグ)接続のノートパソコン内蔵サウンドを利用、5.はWEBカメラ内蔵USB接続のサウンドデバイスとなります。

結論から書くと、1.~4.は総じて『マイクブーストON』だとノイズが多い。『マイクブーストOFF』だと音量が小さすぎてあまり聞こえない。5.はノイズが少なくて良好。

今回の比較ではいつも使っている『Qcam Pro for Notebooks』と『Eyetoy』(どちらもUSB接続)のテストをしていないのが残念ですが、マイクじゃなくてサウンドボードの影響が大きいのかな?とも思っているのでもう少し試行錯誤が必要なようです。

また、他のマイクもいろいろ教えていただいたので予算と相談しながら、これだ!と思った物は試してみたいと思います。『これいいよ!』とか『これ使ってます!』情報いただけるとホント助かりますのでぜひぜひよろしくお願いいたします。

Posted by myaguchi at 03:03 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年8月29日

1112

[pc]
viliv S5にインストールしたソフトとか注意点とか。


続きです。続きました。

基本的にパソコンには必要最小限のソフトしかインストールしない人なのであまり書くこともないのですが、購入してから作業した内容をメモしておきます。2ちゃんねるとかまとめwikiとかユーザさんのブログとかいろいろ勉強になりました。ありがとうございます。

(キャプチャ画面です)

BlueSoleil(Bluetooth)がCPU使用率50%ぐらい使っちゃう問題

購入直後は問題なかった気がするんですが、Microsoftアップデートとかし終わってふと気がつくとこの問題に遭遇。タスクマネージャのパフォーマンスタブでCPUの片方が100%状態でした。ちなみにWindows xpはSP3にアップデートはせず、購入時のSP2のまま使ってます。

コントロールパネルの『アプリケーションの追加と削除』でBlueSoleilを削除。i-viliv経由でBlueSoleil再インストールで問題解決しました。

無線LANが切断されてしまう問題

発生タイミングはよくわからないのですが、無線LANが切れてしまう問題に遭遇。

無線LANの『Power Save Mode』を『Disable』にすることで問題解消。
コントロールパネルの『システム』-『ハードウェア』-『デバイスマネージャ』で、Marvell sd8686 Wireless LAN SDIO Adapterを探します。プロパティを開くと『詳細設定』タブに上記項目があります。

キーボード関連

viliv S5はキーボードがないのでここがいちばん苦労するところかもしれません。

・標準ソフトウェアキーボード
画面の専有面積が大きいので両手親指入力できるかなと思ったのですがなかなかむずかしいので結局スタイラスで入力してます。タッチするとブルッと震えるのですが、文字が入力できてないときがあるので要注意。

PIGYソフトウェアキーボード
スキンでカスタマイズできるので便利。vaio VGN-UX用に作られたpigy_blue_keyというスキンを使ってて横幅ぴったりで縦はちょうどよくてかっこよくていうことなし。といいたいところですが、ファンクションキーがないので他のスキン探すか自分でスキン作ろうか考え中です。

・Air Mouse
iPhoneをマウス+キーボードとして使うとき。ソフトウェアキーボードと違って画面を占有しないのでいい感じですが、無線LAN経由で使わなければならないのがネック。うちは外で使うときもPHS300(モバイルアクセスポイント)を使っているので無線LANでネットワークが構築されてるので問題ないです。

Synergy(日本語対応版)
ソフトインストールとかだだっと作業するときはデスクトップのキーボードをSynergyで共有して使っています。無線LAN経由で接続してるときのみ。

システムモニター
ネットブックって使ったことないのでCPU使用率とか気になっちゃってタスクマネージャを頻繁に開いてたので、試しにAkabei Monitor入れてみました。スキンをAkabei Slim plusにして画面上部に表示しています。SSDのアクセスランプが表示されてちょっとうれしい。(viliv S5にはアクセスランプが物理的についてないのです)

音量表示
本体上部にボリュームボタンがついているのですが、音量変えてもどれぐらいかよくわからないのでオンスクリーンボリュームビューア入れてみました。他にも似たソフトはあるんですが、車載配信時に見やすいほうがいいのでこれにしたんです。音量を頻繁に変えるのですごく便利です。

マウスジェスチャー
マウスジェスチャー使えたほうが便利かなと思ってマウ筋入れてみたんですが、使いこなせてません。デスクトップパソコンでFirefox使うときは普通にマウスジェスチャー使ってるのになんでかなと考えたんですが、右利きなのに右クリックボタンが右側についてるからかなと思ってます。右手でボタン押しながら左手じゃジェスチャーできないw 180°逆さまにしボタン左側にもってくれば使えるんですがこのあたりは慣れかな?

ということで。

文字ばかりで長くなってしまいましたが設定メモはこのあたりで終了です。
あとはタスクバーのアイコンが多すぎるのでどうしようか考え中です。タスクバーを『自動的に隠す』設定にしたいんだけどそうするとタッチパネルでアプリ切り替えが難しいし悩みどころなのです。あ。右側にタスクバー持ってこようかな(今ひらめいた)

続くかも?

Posted by myaguchi at 02:07 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年8月26日

1110

[Digital Gadget]
viliv S5 が来たよ!


LOOX Pがあるからネットブックはいらないなぁと思ってたんですが、これは!とつい反応してしまって悩んだあげく購入したのです。viliv S5。

(下のスタンドはマウスの充電台なので本体とは関係ないです)

キーボードがないピュアタブレットっぽいというか、動画プレイヤーにしかみえないですがいちおうパソコンです。OSはWindows XpでSSD 32GBモデル。詳しいスペックはブルレーで。

初代PSPとほぼ同じぐらいの大きさなので拡張性はなくていろいろ悩むところはあるのですが、いろんな情報をもとに試行錯誤してます。

で、うちの場合はやはりニコ生での車載配信に使えるか?というところが気になってたんですがテスト放送してみたところなんとか使えそうです。

 

(ニコニコ生放送の配信に使ってるソフト)

(構成)

  • PC
    • viliv S5(YUKYUNG TECHNOLOGIES INC.)
  • カメラ
    • Qcam Pro for Notebooks (Logicool)
  • マイク
    • EyeToy (SCE)
  • ケータイ
    • L-02A (docomo)
  • モバイルルーター
    • PHS300 (CradlePoint)

続くかも?

Posted by myaguchi at 01:21 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年8月22日

1109

[FUJITSU LOOX P70UN]
LOOX P70UN HDDをSSDに換装


LOOX Pシリーズは2009年春モデルまでで終了してしまいました。

これ、めっちゃ気に入っているのになぁ。左クリックのところは塗装はがれてるし、キーボードはtekatekaだしかなり使い込んでます。大切に使わないとね。

ということで少しでも快適に使えるように、ハードディスクをSSDに交換してみました。

・内蔵されていたHDD = MK8007GAH(TOSHIBA)

・交換したSSD = MCBQE32G8MPR-03A(SAMSUNG)

内蔵HDDは1.8インチIDE東芝コネクタなので、使えるSSDがあまりないのです。お値段と相談して、プチフリしないらしいSLCタイプのMCBQE32G8MPR-03Aにしました。容量は32GBでお値段21,000yenでした。

 

さて、他でも紹介されているのですがSSD換装方法を簡単に書いておきます。

(注意)
改造するとメーカ保証が受けられないことがあります。あくまでも自己責任で!

1. ACアダプタ、バッテリーをはずして裏返します
左側にいかにもHDDが入っている感じのふたがありますがまさにそこです。

2.シールをはがしてネジを3箇所はずし、ふたを開けます
さっきの写真と左右逆です。ふたを開けるといきなりHDDが見えます

3. HDDを取り出します
このとき、パソコン本体側のコネクタははずさなかったです。フィルムケーブルにストレスがかからないように慎重に作業してください。結構ほこりがついてますね(汗

4. HDDのコネクタをゆっくりはずします
SSDと並べてみましたが大きさは同じです。
HDDには4カ所にゴムのクッションがついていますのでSSDに移植します。

5. SSDを取り付けます。
きれいにおさまりました。あとはふたをしてネジを締めて終了です。

 

体感的にはかなり速くなりました。交換してかなり正解だったと思います。あとはメモリを2GBにしたいのですが、MircoDIMMの2GBって手に入らないんですよね~。誰が譲ってくれないかな?

参考としてベンチマークを。HDDはリカバリ直後ではなく普通に使ってた状態なので参考値にもならないかもしれません。

HDD : MK8007GAH(TOSHIBA)

SSD : MCBQE32G8MPR-03A(SAMSUNG)

 

Posted by myaguchi at 16:23 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年5月 7日

1092

[pc]
GWです。


前回の投稿が3月15日。

それから仕事が忙しすぎてブログ書く気力がなかったのですが、やっと落ち着きを取り戻してきました。といっても、連休初日となる5/2(土)は出張でみなさん行楽気分満載のなか普通に仕事してましたよ!

仕事が一段落するときまって体調を崩すのですが。5/5(火)まで熱があって寝てまして、5/6(水)はすこしよくなってきたので外をふらついてましたよ。

というのも、ニコ生みてて車載動画?が楽しそうだなぁなんて急に「俺もやるぜ」的な具合に準備し始めた次第です。昔は東京~福岡をUSTREAMで中継しながら帰省したこともあったなぁなんて懐かしく思いつつGPSをつないでみたんですが。。。 壊れてるやん! ということで新しいGPSだけ買ってそれ以外は手持ちの機材を組み合わせて。GPSの在庫がヨドバシカメラにあるなんて素敵すぎるw

みなさんUSTREAM+今ココなう!のホームページつくってたりするのでうちも突貫工事ながらつくってみました。まだtwitter対応してないですが、夜も明けてきたのでそろそろ寝ますよ。目が覚めたらどこかに行きたいなぁ。

やぐちの居場所はここかもしれない
 http://www.emgt.jp/ust.html

Posted by myaguchi at 05:01 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年1月13日

1081

[pc]
Atom Zってぶっちゃけよくわからんから比べてみた。


VAIO type P のエントリで「悩むところです」とか書いていますがぶっちゃけAtomってどうなの?という点。使ってみないとなかなかわからないですよねぇ。

先日、LOOX U(Atom Z520)を貸し出しいただいてたので、Vistaの起動時間を動画にしてたのです。が、動画編集はじめてでどうすればいいかわからずお蔵入りになっていました。編集うまくできてなくて音もなしですがここでこそっと公開しておきますw


Posted by myaguchi at 00:38 | Comments [0] | Trackbacks [0]
1080

[pc]
VAIO type P かぁ。


ソニーからVAIOブランドでミニノートPCが発表されました。

Atom ZシリーズのCPU搭載ミニノートといえば富士通のLOOX Uがライバルになると思いますが、これはLOOX Uめっちゃヤバイんじゃ?

デザイン、画面解像度などなど見所は多いですが、メモリー2GBと SSD 64GB モデルが意外と安いところが注目点かと。HDD 60GB モデルと比較しても15,000yenしか違わない。LOOX Uの場合、SSD 64GBを選択すると84,800yenのアップ(富士通WEB MARTで割引適用前)となってしまうのでお値段がいきなり20万円の大台に乗ってしまうのです。

VAIOオーナーメイドモデルで構成を選ぶならこんな感じ。

△Windows Vista Business
○Atom Z540
○SSD 64GB
○ワンセグなし
○Bluetoothあり
△ノイズキャンセリングヘッドホンあり
△Webカメラあり
○キーボードは日本語配列
○大容量バッテリー(L)
△ディスプレイ/LANアダプタあり
○ウォールマウントプラグアダプターあり
○付属ソフトなし
△3年保証サーボス<ベーシック>

この構成で135,300yen

うん。安いと思うんですが悩むところですw

Posted by myaguchi at 00:29 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2008年11月27日

1075

[FUJITSU LOOX U/B50N]
Fujitsu FMV-BIBLO LOOX U/B50N


みんぽすこのレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級 家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...
  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!
  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!
「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

今回貸し出しいただいたもう一台のモバイルノート『FMV-BIBLO LOOX U/B50N』貸出期間が1週間と短くてあまり詳しくレビューできないかもしれませんががんばって書いてみます!

カスタムメイドモデルなのでまずは貸出機のスペックから。

FMV-BIBLO LOOX U/B50N
OSWindows Vista(R) Home Premium with Service Pack 1 正規版
CPUインテル(R) Atom(TM) プロセッサー Z530
 (HTテクノロジー対応) (1.60GHz)
メモリ1GB (オンボード)
HDDフラッシュメモリディスク 約64GB
ディスプレイ5.6型ワイドスーパーファイン液晶
 (LEDバックライト・タッチパネル) [1280×800]
無線LAN無線LAN (IEEE802.11nドラフト2.0/a/b/g準拠)
BluetoothBluetooth(R) ワイヤレステクノロジー内蔵
バッテリ内蔵バッテリパック (L)
本体カラーノースシルバー
ソフトOffice Personal 2007 Service Pack 1
ポートリプリケータ付属

構成が選べるカスタムメイドモデルですが、貸出機で注目すべきは『フラッシュメモリディスク』ですよね! 標準構成のHDD約60GBと比べるといきなり値段が跳ね上がるのでなかなか手を出しにくいんですが、このような機会に使うことができるというのは貴重な体験かも。ただ、直接比較できる対象がないので「普通に使えるんだけど、フラッシュメモリのおかげで速いかといわれればよくわからない」という微妙な感想しか出てこないのが残念です。。。

デザイン

 旧モデルからがらっと変わった印象はないんですが、あいかわらずちっちゃい! 今回Lバッテリでの貸し出しですがそれでもぜんぜん気にならないぐらいちっちゃい! 個人的には大好きなガジェットですね。

ディスプレイ

 5.6型ながら1280×800ドットと高解像度。「文字が見にくい」、「一覧性がいい」点がトレードオフとなりますがうちは後者を重視するので旧モデルからのこの変更は大歓迎です! また、旧モデルに比べて液晶が開く角度が180°に近くなって使いやすくなった気がするけど気のせいかな?

キーボード、ポインティングデバイス

 キーボードは旧モデルから大幅にキーが増えてDelete、Tabなど頻繁に使うキーがFnなしで入力できるようになった点は全然使い勝手がよくなっていい感じ。

スティックポイントと左右クリックボタンは慣れが必要かも? 液晶ヒンジ近くにあるので手に持って使うときはいいのですがクリックボタンがちょっと堅い気がする。また、机に置いて使うときは液晶画面が邪魔になるのでモバイルマウスと組み合わせて使うほうがいいかなと感じました。もちろんタッチパネルなので直接画面にタッチしてもいいんだけど手持ちの時はいいものの、机置きの時は照準が定まりにくい。うちが不器用なだけかなw

この小ささでよくここまでできたなぁと感動するんですが、普通のノートパソコンに比べると非力なのは仕方がないところだと思う。そこでOSがVistaというのは(CPU的に、メモリ容量的に)ちょっと厳しいんじゃないかなぁとも思うわけで。ここはさくっとXpを搭載してSSD 32GBぐらいに抑えた軽くて速くてお手頃なモデルが展開されるとうれしいなと思った次第です。な~んてつべこべ言ってますが、いいマシンで欲しくなっちゃった訳でこれ返したくないなぁ。なんて。

『旧LOOX U』は『LOOX P』を買うときにどちらにしようかかなり悩んだ1台なんですが、『新LOOX U』が当時あったらさらに悩んでいたと思いますよ!

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

Posted by myaguchi at 08:16 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2008年11月25日

1074

[FUJITSU MG/B80N]
Fujitsu FMV-BIBLO MG/B80N


みんぽすこのレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級 家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...
  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!
  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!
「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら
今回貸し出しいただいたのは富士通のモバイルノートパソコンの中ではいちばん大きいモデル『FMV-BIBLO MG/B80N』といちばん小さいモデル『FMV-BIBLO LOOX U/B50N』の2機種。まずは『FMV-BIBLO MG/B80N』から書いていきたいと思います。

カスタムメイドモデルなのでいろいろ選べるのですが貸出機スペックは下記の通り。

MG/B80N <WEB MART限定モデル>

FMV-BIBLO MG/B80N
CPUインテル(R)Core2(TM) Duo プロセッサー P9500
メモリ4GB
HDD約320GB
ディスプレイ14.1型ワイドスーパーファイン液晶
Bluetooth内蔵(BluetoothワイヤレステクノロジーVer.2.1+EDR準拠)
ベイオプションなし
マウスなし
本体カラーレザーブラック
ソフトOffice Personal 2007 with PowerPoint(R) 2007 Service Pack1

最高スペックの構成で貸し出しいただいたようで文句なしの性能です。

貸出機ということもあってソフトをインストールしてもいいのか迷ってとりあえず『素』の状態で使ってみてますが、実際操作した感覚は待たされる感もなくめっちゃさくさく動いてます。実はいまだに『Windows Xp』ユーザで『Windows Vista』って重い!という先入観からいままでほとんど使ったことなくてよくわからないところも多いのですが、MG/B80Nならストレスなく使えていい感じだと思いました。ただ、使い慣れたXpも捨てがたいんですけどねw

・キーボード、フラットポイント
 キー配列は自分好み(左下が[Ctrl]、右上が[Delete]、十字キーは1段下がって配置されてる日本語キーボードが好き)で使いやすいです。フラットポイントも操作しやすくいうことなし。

・デザイン
 すっきりシンプルでフットプリントも極限まで小さく、そして薄く作られていていい感じ。ディスプレイ両サイドの額縁が狭いところがお気に入りです。画面を大きくするとどうしても筐体サイズが大きくなってしまいますがなんとかコンパクトにしたいという富士通さんの気合いが見え隠れ。それでいてタフな持ち運びに耐えられる頑丈な設計は恐れ入ります。こういうところに惹かれる人はあまりいないかな(^^;

・画面
 14.1型/1280×800ドット。きれいで見やすくて問題ないんですが、せっかく画面が大きいんだから1440×900ドットぐらい欲しかった。会社で使っている『Let's note Y7』は縦横比が違うものの同じ14.1型。1400×1050と解像度は高いですが文字が小さくてみにくいなんてことはないのでちょっと惜しいなと思いました。


スピーカのメッシュ部分はゴミが入るとちょっと取りにくい。エアーダスターで吹いたんだけど飛ばない(汗

・MG/B80Nまとめ
画面についてはちょっと苦言を呈してしまいましたがハイスペックモバイルノートパソコンとしては好印象な1台だと思います。最近壊れた親のノートパソコンの代わりにちょうどいいなぁと思ったりしましたw

貸出期間がもう少しありますのであまりみんながつっこまないBluetoothあたりのレビューができればいいなぁと思ってますが間に合うかな?

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

Posted by myaguchi at 20:57 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2008年10月 9日

1068

[pc]
Logicool Z-10 返却後、と気になる記事をピックアップ。


このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級 家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...
  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!
  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!
「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

100_1893.jpg

Logicool Z-10を返却して気がついたこと。

モニター内蔵のスピーカちゃち過ぎ! Logicool Z-10やっぱいい!

使い始めてから音がいいなと思ってはいたんだけどすぐ慣れちゃってそれが普通の生活になっていたわけで。ソレがなくなっちゃったあと改めて存在に気がつくという。いろんなスピーカ聞いてみたいなぁ。


Z-10についてみんぽすで見ていたら消費電力測ってるブログがあった。

待機中 4w (4×12時間×1年間= 17520W時間) 起動中 11W (11×12時間×1年間=48180W時間)

予想外に低くてびっくり。ほかにも有益な情報があるので要チェックなブログですな。ということでこの辺で~。


Posted by myaguchi at 18:29 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2008年9月17日

1066

[GAME]
Logicool Cordless MediaBoard Proについて書いてある他のブログを読んでみる。


このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級 家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...
  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!
  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!
「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

おぼえがき的な他ブログリンク

このタッチパッド、 上下にしか使えないのかと思っていたら、左右に動かせば カーソルも左右に動きます! タッチパッドの下の 左ボタンが決定 右ボタンは オプションメニューを表示してくれます。F3 F4キーには 何も刻印されていませんが、F3キーでブックマークがF4キーでURLの直打ちが可能です。このあたりはマニュアルやWEBにも記載が見つからず、 もっと宣伝すればいいのに、もったいない

みんぽすに投稿されていたモノフェローズさんのブログです。写真がたくさんでわかりやすいです。うちはあまり使い込んでなかったのでファンクションキーなどの割り当ては気がつかなかった。勉強になります!

  • タッチパッド左 : 決定
  • タッチパッド右 : オプションメニュー
  • F3 : ブックマーク
  • F4 : アドレスバー

PLAYSTATION3のシステムソフトウェアは バージョン 1.60以上にアップデートにしておく。
時期的に発売されて日がたってるのでバージョンは最新ですが1.60以上じゃないとだめみたいです。
少し暗い写真になってしまいましたが、diNovo Edgeと並べてみました。 キー自体のサイズには違いはありませんが、右側のタッチパット部分の纏め方の違いで左右の長さは3センチ程大き目で、上下はパームレストの差で3センチ程小さめです。
diNovo Edgeも欲しいキーボードのひとつです。個人的には小さい方がいいのですが幅をとるか、奥行きをとるか。。。リビングのソファーとかで使うならLogicool Cordless MediaBoard Proのほうが使いやすいかなぁ?


情報が(自分的に)まとまったところでLogicool Cordless MediaBoard Proのレビューはここまで。また気がついたことがあれば書いてみたいと思います。

Posted by myaguchi at 22:54 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2008年9月15日

1061

[pc]
Logicool Z-10 のディスプレイがめっちゃ便利。


このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級 家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...
  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!
  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!
「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

パソコンにUSB接続できるスピーカ、Logicool Z-10を使ってみてさくっとレビューしてみたいと思います!


ディスプレイがめっちゃ便利
スピーカ(右)にバックライト付きのディスプレイがあってiTunesで再生中のアーティスト名、曲名など表示できます。パソコンで音楽聞きながら作業しているとiTunesが他のウインドウの後ろに隠れていて「この曲、誰?なんて曲?」ってことがあります(ないですか?)全画面表示でゲームしているときも同じ。そんなときでもスピーカのディスプレイにちょっと目線を向けるだけで確認でき、日本語表示も問題なし、文字数が多くて入りきれないときもスクロール表示されるしいい感じ。このスピーカで一番気に入っている点だったり。

ボリューム、ミュートがタッチパネルで操作できていい
ボリューム操作はタスクバーで調節するよりスピーカ側で調節できるほうが好きなのですが、Z-10では右スピーカのタッチパネルで操作できます。ミュートもできるので電話かかってきたときとかもさくっと音量調節できます。

ヘッドホン端子がスピーカ側面にあるのがいい
個人的な環境の問題なのですが、うちの場合PCモニターにスピーカがついているのでヘッドホンを接続するときもモニターにつなぐのですが、モニター背面のなかなかつなぎにくいところにコネクタがあるのです。Z-10の場合、右側スピーカの側面(内側)にヘッドホン端子があるので抜き差しもさくっと簡単。これは思わぬところにいいところを見つけてうれしかった点ですね。

低音がいい
音に関しては好みがあるので参考程度に読んでください。
低音が強めのいわゆるドンシャリ系の音です。素直な音も好きなのですが、ドンシャリ系の音もこれはこれで好きなのでいい感じです。また、音質はスピーカのタッチセンサーで直接調整もできるので自分の好みにあわせることもできます。また、PCモニターのスピーカとは比較対象にならないぐらいいいのはいうまでもなく。繰り返しになりますが好みもあるのでお店で視聴できる機会があれば一度聞いてみてください。

ケーブルが直付けで取り回しにくい
左右のスピーカをつなぐケーブル、電源ケーブルが直接スピーカから出ています。しかも結構太いケーブルで取り回しが難しい。。。このスピーカサイズでACインレットを接続するのはスペース的に難しいかもしれませんが、左右をつなぐケーブルはミニプラグとかで取り外しできるようになってればいいなと思いました。

右スピーカ(LINE IN / USB / 左スピーカ接続ケーブル)
左スピーカ(右スピーカ接続ケーブル / 電源ケーブル)

パソコンの電源と連動してほしい
パソコンとUSB接続していますが、パソコンの電源を切ってもスピーカは電源がはいったままです。パソコンの電源と連動して電源切れてくれるといいなぁと思うんですが、パソコンによって電源切ってもUSB電源を供給し続けるものがあるのでそのせいかもしれません。

サイズが大きい
うちの机が小さいからなのですが、サイズが大きくてちょっときびしい。ま、これは置く場所によるので人それぞれですね。


ということで、総評としてはいい製品だなと思うんです。これが9,800yenだと間違いなく大ヒットなんでしょうが実売価格15,000yen前後の価格帯はパソコン用スピーカを買う人にとってちょっと高いのかなぁと言う印象。Amazonだと13,817yen(2008.09.15現在)とちょっと安いですね。
Z-10という製品のよさがめっちゃ伝わってきた(んだけど十分伝えられてない)今回のレビューとなりました。


Posted by myaguchi at 20:14 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2008年9月11日

1060

[Sony Rolly]
新しいiPod nanoは振ってシャッフル!


INFOBAR 2みたいな iPod nano が発表されましたね!

ハードウェア的にはタテヨコ位置を認識する加速度センサーをあらたに搭載。傾ければCoverFlowのiPhone / iPod touch的インターフェースを採用したほか、振ってシャッフル機能も加わりました。

ん?振ってシャッフルってなんか聞いたことあるなぁ。

rolly1.jpg

これだ!
もうすっかり忘れられてる感たっぷりですが、実は最近買ったんですよRolly。買う前はめっちゃ悩んだものの、手元にきてからはめっちゃお気に入りでなんでもっとはやく買わなかったんだろうって感じ。

rolly2.jpg

Rolly に保存した曲で朝目覚めたり、モーションを眺めたり、BluetoothでLOOX Pとつないで普通にノートパソコン用スピーカーとして使ったり便利に使ってます。みんなにはおすすめできないけど、なんというか感情でガッと買っちゃう系の楽しいおもちゃですよ!

Posted by myaguchi at 01:12 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2008年9月 7日

1057

[PS3]
Logicool Cordless MediaBoard ProをPLAYSTATION3と接続してみる。


このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級 家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...
  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!
  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!
「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

前回はいきなりパソコンに接続してしまいましたが、今回はPLAYSTATION3に接続してみます。スクリーンショット縮小しすぎて見えないっすね(汗
PLAYSTATION3

* 接続作業(ペアリング)ははじめの1回だけ。次回起動時からは自動認識されます。

PS3メニューの周辺機器設定
PLAYSTATION3

Bluetooth機器管理
PLAYSTATION3

[新しい機器の登録]を選択します
PLAYSTATION3

[検索開始]を選択します。このあとキーボード底面の[RESET]ボタンを押します。
PLAYSTATION3

Logicool Cordless MediaBoard Pro が見つかりました
PLAYSTATION3

パスキーをキーボードから入力します
PLAYSTATION3

登録完了!
PLAYSTATION3

一覧でも表示されてますね。接続中は青い○がつくみたい
PLAYSTATION3

PS3で文字入力するとき、ソフトウェアキーボードで予測変換を駆使しながら入力もできますが、やっぱキーボードがあるとめっちゃ便利です。Bluetoothで無線接続ならリビングでもコードが邪魔にならないしいい感じだと思います。

というか、うちはコードレス好きなのでこのキーボード+PS3の組み合わせはかなり最強。PS3ではコントローラが純正で無線になったというだけで小躍りしてるぐらいですからw

また、PS3でインターネットできますが、コントローラではなんかかったるくってやってられなかったのにこのキーボードがあれば文字入力もタッチパッドでマウス操作もかなり快適に使えます。これならパソコンを立ち上げずにちょっとPS3でインターネットというのもありだなと思ってます。

これからオンラインゲームが広がっていくとチャットなどいろいろな場面でコミュニケーションをとる機会が多くなると思います。そのとき、キーボードがあればスムーズに話ができるというもの。今はまだと思っているかたも対応ゲームを買ったときは検討してみてはいかがでしょうか?


Posted by myaguchi at 16:55 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2008年9月 3日

1054

[pc]
Logicool Cordless MediaBoard Proをパソコンと接続してみる。


このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級 家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...
  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!
  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!
「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

前回は設置報告のみでしたが、Logicool Cordless MediaBoard ProはPLAYSTATION3用Bluetoothキーボードなのにいきなりパソコンの前に設置しています。おいてみたところ、Z-10も Cordless MediaBoard Proもつるつるぴかぴかデザインでいい感じにあってて、はじめからこの組み合わせで使ってくださいといわんばかりです。これはパソコンに接続してみないと!

Logicool-Cordless-MediaBoar.jpg

さて、使ってみた感じを。

打鍵感は人によって好みがあるので一概にはいえませんが。。。個人的にはノートパソコンのパンタグラフタイプのキーボードが好きなのでそれに近いものが好みです。Logicool Cordless MediaBoard Proはノートパソコンっぽく高さが低く薄いキーですがパンタグラフではなくメンブレンのようです。ぽこぽこといわゆるデスクトップパソコンのキーボードっぽいキータッチであまり好きではありませんが、それ以外は特に気になるところもなく普通に使いやすいです。

キー配置は[左Ctrl]と[左Alt]のあいだにマウスの右クリック、左クリックが割り当てられています。タッチパッド下のボタンも同機能ですので両手で持ったときのことを配慮してあるのかな? うちが多用する[Windowsキー]がないので悲しいのですが、ここは素直に[Ctrl]+ [ESC]でスタートメニューを開いていけるので問題なし。[Delete]キーの位置がちょっと気になるものの、標準的なキーボードとさほど変わらない配置だと思います。

タッチパッドは反応もよくスクロールとかもさくさくできて使いやすいのですが、最近のノートパソコンのように縁なしではなくてパッド部分ががっつり2~3mmへこんでますので気になる方はいらっしゃるかもしれません。Cordless MediaBoard Proは10キーレスですがタッチパッドがあるため、普通の10キー付きキーボードと変わらないぐらいの大きさがあります。設置の時の参考にしてください。

さて、パソコンと接続してみましょう。

(注意)
 Cordless MediaBoard ProはPLAYSTATION3用周辺機器のため、パソコンとの接続は保証されていないと思います。環境により接続できないこともあるかもしれませんので一例として参考になれば幸いです。お試しの際はあくまでも自己責任でお願いいたします。

前回ちらっとお話ししましたがLogicool Cordless Desktop MX 5500 Revolutionを使ってますので、Bluetoothのドングル(USBにさすやつ)もLogicool製品。これは簡単にペアリングできるかもしれません。。。と思っていたらできました!

ドングルの赤いボタンとキーボード底面のRESETボタンを同時押しすると表示されます
bluetooth01.jpg

認識できました!
bluetooth04.jpg

ロジクールBluetoothハブ機能がオフの状態で認識できています。
(この状態だとLogicool以外のBluetoothデバイスは接続できません)
bluetooth03.jpg

ロジクールBluetoothハブ機能をオンの状態にするには「その他のデバイスを接続する」をクリックします。オンでも問題なく接続できていますが他のBluetoothデバイスは使わないのでオフに戻して使っています(オンの状態で「接続の問題を解決する」をクリックするとウインドウが出てくるのでここでオフにできます)

「接続の問題を解決する」で表示されるトラブルシューティングではBluetoothハブ機能をオフにすることが推奨されていたり、Bluetoothハブ機能をオンにすると突然切断されるなど動作が不安定との情報もあるので他のBluetooth機器を接続しない場合はOFFにしておいたほうがいいかもしれません

PLAYSTATION3用周辺機器のためパソコン用として探していると見落としてしまいがちなこのキーボード。選択肢のひとつになるかもしれませんよ?

Posted by myaguchi at 22:12 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2008年8月30日

1053

[pc]
Logicool Z-10
Logicool Cordless MediaBoard Pro


このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...
  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!
  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!
「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

突然この前置きだとびっくりしますね(汗
商品を貸し出しいただいて試めすことができるとあって登録してみました。これは!と思うものがあったらレビューしてみたいと思いますのでよろしくお願いします。

今回貸し出しいただいたものはLogicoolのPCスピーカ Z-10 と、PLAYSTATION3用Bluetoothキーボード Cordless MediaBoard Pro です。いきなり2つも貸し出しいただいちゃいました。まずは普段の机はというと。。。なんか恥ずかしいぞこれw

100_1856.jpg

右手前のマウスは普通に自分で買ったもので Logicool の Cordless Desktop MX 5500 Revolution。セットのキーボードと一緒に使っていたのですが、机が狭いので家にあった少し小さめのキーボードを使ってます。新しいキーボードが欲しいんですがなかなかいいのがなくてそのままな感じ。

机の上をちょっと整理して。。。

100_1859.jpg

こんな感じになりました。ん?いい感じかな?どうだろう?
ということで届いて早速置いてみたところで次回、ファーストインプレッションなどお伝えしようと思います。


Posted by myaguchi at 00:59 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2008年4月20日

1046

[pc]
PCI接続サウンドカード ONKYO SE-200PCI LTD


e-onkyo オンキヨー公式ショッピングサイト以前、USBオーディオプロセッサー SE-U55SXのレビューをしてからというもの、今まで全く意識していなかったパソコン用サウンドデバイスが気になって仕方ない感じに。自分の使い方を考えた結果、SE-200PCIを買おうと決心したところで、記念モデルの SE-200PCI LTD 発表。

初代オーディオボード(SE-50/70)発売から10年目の佳節にあたる本年、ベストセラーモデル「SE-200PCI」をベースに新たに開発した専用のスペシャルパーツを投入し、音楽再生品質をさらに極めたリミテッドエディション「SE-200PCI LTD」を発売いたします。

リミテッドエディションとかいう言葉に弱いので素直に SE-200PCI LTD を購入しましたw

注意 : 音楽を聴くのは好きなんですが聴きわけられる耳は持ってないので完全な素人レビューで申し訳ございません。と、はじめにあやまっておきます。いや、聴きわけるなんてホント無理。その割に文章が長くなってわかりにくいです。

パッケージ

SE-200PCI LTD
とにかくこだわり抜いた部品が使われている PCIデジタル出力対応オーディオボード 本体。コンデンサとかこだわってるらしい。部品が浮かせた状態で実装されているのもこだわりなのか、オーディオ製品では常識なのか?

同梱品
シンプル。AVケーブルは長さが短いので取付場所によっては別途ケーブルを購入する必要があります。


USB接続のSE-U55SXと違って、PCI接続のSE-200PCI LTD。パソコンのふたを開けて内部に取り付けなくてはいけません。自作機を組み立てた当初は拡張することなんて考えてなかったのでMicroATXの小さなマザーであいているPCIスロットは1つだけ。ここに追加するしかない。。。

パソコンのふたを開けたところ
ケースはAntec(TUKUMO)のNSK2450。MTV2000などの長いカードもなんとか入ります。あいてるスロットはPCI1本だけ。

SE-200PCI LTDをさしてみた
部品の高さが高く、カード裏面も部品の足が飛び出しているため隣のカードと接触しそうになるほどぎりぎりです。なんとかぶつかっていないことを確認。

斜めから
ノイズをがんがん受けそうなこの配置ですが、あいてるスロットがここだけなのでどうすることもできず。ATXなど大きいマザーボードを使う場合は間隔をあけるなど配置に余裕ができるんですけどね。

さて、設置が終了したところで音を鳴らしてみましょう。パソコンの電源を入れると「新しいハードウェアを発見しました」というメッセージが出るので説明書にしたがって進め、ドライバインストール完了。早速聞いてみましょう!

。。。

。。。

。。。音が出ないorz

えーっと、トラブル発生です。説明書を読みながらひとつひとつ確認していきますがANALOG OUT(ステレオRCA)から音が出ません。7.1ch ANALOG OUT(Front L/R)で聞いてみると音は出ていますが歪んでいてとても聞ける音じゃない。初期不良の4文字が頭をよぎります。。。

(閑話休題)
 なんか最近当たりが悪いので初期不良とか故障とか立て続けに。年末年始に買ったものの不良は以前エントリしましたが、そのほかにもHDDレコーダ、洗濯機、テレビをこの3ヶ月ぐらいで修理してます。5年保障に入っててよかったよ(涙
(閑話休題終わり)

気を取り直して、こういうときはとにかく最小構成で再トライしてみるのがいいです。が、面倒なので使っていないTVキャプチャボードMTV2000をはずして試してみたところ音が出た!
パソコンを自作するときの初歩的な問題が原因だった気もしますが、とにかく動いてよかった。

(考えられる原因)

  • カードの挿しかたが悪かった
    MTV2000はずすときにいったんSE-200PCI LTDもはずしているのでさしなおしています
  • 電源容量が足りていない
    自作マシンで動作不安定になる原因のひとつが電源容量不足。ケース付属の430W電源を使っていますがホントはもうちょっと大きいほうがいいかも?

MTV2000をはずしました

さぁ、聞きますよ! 前のエントリでも聞いていた東京事変の閃光少女。USBオーディオプロセッサー SE-U55SXで聞いたときみたいにいい音です。いい表現が見つかりませんが、音の厚みが増したというかぜんぜん違います。オンボードサウンドで暮らしていたいままではなんだったんだというぐらい違いますw

音の専門家でもないし、詳しく伝えられないのが残念ですが、いつもながら藤本健さんの記事を挙げてみます。

非常に高音質であり、PCが出す音とは思えないほどの、ピュアオーディオ機器といったニュアンスのサウンドであった。いわゆるレコーディング機器のオーディオインターフェイスとはちょっと異なる音でもある。

この記事では SE-200PCI を取りあげていますが、SE-200PCI LTD は基本構成は同じながらさらにこだわって部品を使っているので結果も少し違ってくるかもしれません。

今回はトラブル発生で導入の敷居が高いなんて感じられた方もいらっしゃるかもしれません。実際にはカードを挿してドライバーを導入するだけなのでそれほど難しくないのですが、気になる方はUSB接続の SE-U55SX であればもっと簡単に導入できます。

パソコンに録音した音楽を聴く人も増えてきています。パソコンでもいい音が聞きたいという人はこの機会に検討してみてはいかがでしょうか?

ベストセラーモデル「SE-200PCI」の音楽再生品質を
極限まで突き詰めた10周年記念リミテッドエディション

Posted by myaguchi at 18:52 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2008年2月24日

1026

[pc]
FMV春モデル発表会@汐留


富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART2/22(金)富士通WEB MARTFMV春モデル発表会、汐留シティセンターに行ってきました。先週金曜日もこの時間ケータイ会議で来てて、まさか2週連続汐留に来るとは思わなかったよ(汗
このエントリーはレビューで掲載料がいただけるというものです。

当日発表されたFMV-BIBLE LOOX R70Y(パソコン生産2000万台記念モデル)も展示されてました。天板カラーがイタリアンレッドで222台限定。天板以外の色も限定モデルのみノースブラック これ、なかなかかっこよかったです。
Rシリーズは今回イチバンのウリ、しかも限定モデルとなるとさすがに気合い入ってます。天板がつるつるで写り込みが激しかったので写真撮るの大変でした。。。

以上。

じゃないです。この発表会に行きたかったイチバンの理由は『LOOX P』の新モデル、『LOOX P70YN (FMVLP70YN)』を体験したかったから。このモデル、WEB限定なので普段店頭で見かけることはなかなかないんです。

100_1671-thumb.jpg

手前が新モデル『LOOX P70YN』のSSD搭載モデル、
奥がうちが使ってる2007年春モデル『LOOX P70UN』、見かけは全く同じ。
小さくて、キーボードは普通な感じがいいとなるとこれしかなくて購入したんですが、「これしかない=多少の不満点は我慢」してたんですよ。

(不満点を5個あげてみる)
 ・Core2Duoが選べない(Core Solo or Celeron)
 ・SSDが選べない(海外モデルではある)
 ・Windows Vistaなのにメモリー最大1GB (2GB欲しい)
 ・Windows Xpが選べない(まぁ時期が時期なので仕方ない)
 ・液晶の視野角が狭い(これは利点でもあるんですが)

(今回のモデルの変更点)

 ・Core2Duo搭載
 ・SSD 64GBが選べる
 ・メモリー2GBが選べる
 ・液晶の輝度、視野角が広がった(視野角は欠点かもしれない)

ぶっちゃけ言うことなし、不満点解消されてます。長らく本体スペックそのままでマイナーチェンジを繰り返してきたので、正直、Core2Duoは難しいのかと思ってたんですがそうでもなく、同じサイズで搭載してきてます。

(実機を体験して)
写真の状態で上から液晶を見ると視野角が広がって明るくなった液晶がよくわかる。もう、全然違います。うちの液晶じゃ上から見ても表示が見えないから。動作については、いま、WindowsXpをつかってて、Vistaとの比較ができないので実際の使用感は省きます。でも、購入直後Vistaで使ってたときに比べると、もっさりというか引っかかる感じがなくなってた気がします。

さて、商品説明会の後の懇親会で富士通さんにいろいろお話を聞きました。
『LOOX P』のモデルチェンジで気になった点が2つあったので聞いてみました。

液晶視野角が広がってさらに輝度1.5倍
 液晶のバックライトがパワーアップしたのかと思ってましたがこの部分は従来モデルと変わらず、液晶パネルが半透過型から透過型になったとのこと。なるほど、それなら視野角とか輝度が変わっても不思議じゃないです。バックライトを消すボタン押しても新モデルでは暗くなるけど消灯はしない。透過型なら消灯しちゃうとなにも見えなくなるので消灯できないんですね。
 
SSD 32GBという選択肢は?
SSD 64GBって値段が高いですよね、32GBも選択できればよかったのにと聞いたところ、VistaではSP1適用など今後ディスク容量が必要になるため32GBでは技術的に難しいとのこと。うーん、そうなのか、WindowsXpならよかったのかなぁ。でも選択できないし。。。

といった感じです。Core2Duo, SSD 64GB, Memory 2GBの構成にすると、WEB MARTのクーポン適用しても30万円前後と非常に値段が高いので手が出ません。でも、きっと次モデルが出るころにはアウトレットが出るんじゃないかなと期待しつつ、しばらくは指をくわえて待つことになりそうです。

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

Posted by myaguchi at 17:05 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2008年1月17日

1011

[etc.]
SE-U55SXでHDサウンドを聞いてみる


e-onkyo オンキヨー公式ショッピングサイトe-onkyo music HDサウンド体験イベント」の続き。
前回、『さて、次回は「自宅環境で聴いてみる編」をといいたいところなんですがHDサウンドを再生する環境がないんじゃないの?どうする?』なんて書いていたらe-onkyo担当様から機器を貸し出しいただけるとのメールが! やった! ということで、年を越した1月に入って貸出機が届きましたのでレビューしてみます。

注意 : 音楽を聴くのは好きなんですが聴きわけられる耳は持ってないので完全な素人レビューで申し訳ございません。と、はじめにあやまっておきます。いや、聴きわけるなんてホント無理。その割に文章が長くなってわかりにくいです。

オンキヨー公式ショッピングサイト e-onkyoさて、今回貸し出しいただいたのは『USB AUDIO PROCESSOR SE-U55SX』です。簡単に言うとUSB接続のサウンドカード(カードじゃないか)。うちのパソコン(自作機)に接続して聞いてみることにします。

photo001.jpg

e-onkyo musicからダウンロードしてみました。

ドボルザーク交響曲第9番ホ短調op.95第4楽章

前回も書きましたがかなーりひさしぶりにクラシック聴いたのでちょっと懐かしくなっちゃってダウンロードしたのがこの曲。レコード時代の昔の記憶は定かではないですが、「これCDいらんやん」と思っちゃったぐらい、いい音鳴るんですよ。これが。ダウンロードした曲でも聴こうと思える音なのが驚きです。

東京事変 閃光少女

スバルの軽自動車CM曲なので聴いたことある人も多いはず。
話はそれますが、椎名林檎好きなのでよく聴いてたんですが、無精な性格なんで音楽に関しては耳に入ってくるモノにまかせてあまり情報収集をしないです。だから、東京事変を聴いたときに「これいいなぁ」と思いつつだいぶたって椎名林檎がボーカルだと知ったわけで(汗

さて。

この曲を選んだのはもう一つ理由があって、iTunes Storeで iTunes Plus楽曲として購入できるから。再生環境は同じでe-onkyo music ( WMA 3.1Mbps ) と iTunes Plus ( M4A 256kbps ) の曲を聞き比べたかったのです。

(さくっと結論)
e-onkyo musicのほうがいいと思うんだけど、iTunes Plusも十分いい感じ。
友達にも「芸能人格付けチェック」みたいにどちらの曲か言わずに聴いてもらったのですが、e-onkyo music の曲のほうがいいとは言ったもののiTunes Plusの曲も普通にいいよねと自分と同じような印象。

え?という結果かもしれないんですが、素人の耳からするとこんなもんなのかな。短時間での聞き比べというのもあるしずっと聴いていると印象が変わるかもしれない。また、スピーカとかアンプとかヘッドホンとかテレビとかの最終的な出力部分が自宅環境のせいで違いがわかりにくいのかも。

ただ、なんか違和感が。iTunes Plusの閃光少女は「HDサウンド体験イベント」以前に購入していたものなので普通にうちの環境では聞き慣れた曲。で、iTunes Plus の曲ってこんなにいい音だっけ?と思ったのです。

わかっちゃいましたか? そう、コイツのせいなんです。

photo003.jpg

オンキヨーのHDC-1.0(S)はもちろん、vaioなどメーカ製パソコンなら「高音質」を追求したモデルがあったりするんですが、うちのパソコンは自作機、しかも、マザーボードに実装されているオンボードサウンド。テレビから音を出してますが、音が鳴ってないときはサーとか聞こえるし、音楽聴いててもいい音だなという印象はあまりなかったんです。パソコンだからこんなもんかな?ぐらいに思ってました。
ところが、SE-U55SXを通して聴いてみるとぜんぜん違う。もう、根本から違う。うちみたいな自作パソコンでもSE-U55SXといったオーディオインターフェイスを追加することでいい感じにオーディオパソコンとしても使えるんだなと気がついた訳で。

前回、『曲だけの比較ではなく、システム全体の比較になってしまっていたのがちょっと残念』と書いておきながら、結局、曲の比較というよりサウンドプロセッサーの比較になってしまって申し訳ないやらなんやらなんか笑うしかない。どうしようもないので『藤本健のDigital Audio Laboratory』のSE-U55SXレビュー記事を紹介してみる(ははは

DTM用途で使うオーディオインターフェイスではないわけだが、オーディオ再生用として見れば、かなりいい音質の製品であると断言できる。

断言しちゃってるし! そうだよね、やっぱそうだよね。ということで、e-onkyo musicはいい音を提供しているし、だがしかしiTunes Plusもなかなかやるなぁと曲による違いは明確にならなかったものの、SE-U55SXは間違いなくいい製品だという点がキラリと光るレビューとなりました。

(長い余談)
以前使ったことのあるUSBのサウンド製品は多い少ないはあるものの必ず遅延する(動画再生時に映像と音声がズレる)イメージが個人的にありますが、SE-U55SXは普段の使い方では遅延は感じられませんでした。
ただ、唯一、GTR2というレースゲームをするときはときどき気持ち遅延してる感じ。シフトアップのタイミングを音で判断しててなんかちょっとズレるときがあるんですよね。
うちのパソコンに依存した話かもしれませんがパソコンの負荷が高いとき遅延してるのかな?もしかするとウイルスバスターの自動更新がかかってるとか、いや、自動更新を切っておけというのはもっともですが。でも、オンボードサウンドで使っているときは気にならなかったし、PCIタイプだと(これも数少ない経験上ですが)遅延したという記憶がないので自分の使い方ではSE-90PCIとかSE-200PCIのほうがいいかなと思います。
でも、ちょっとかじったデンキ知識的には電源も含めてノイズの影響を考えると圧倒的にSE-U55SXのほうが有利だと思う。だから、藤本健さんのレビューでもベストの音質といわれているんだろうと。しかもUSBならノートパソコンにも接続できる。つまるところ、使い方によってPCI製品かUSB製品どちらを選ぶかは自然と決まってくるはず。こんなことなら年末の1,000yenOFFクーポンの時にSE-90PCIかSE-200PCIを買っておくんだったなぁ(苦笑

(長い余談2)
環境をあげておきます。
わかる人にはこれがダメだよなんてわかると思うんですが。

自作機のスペック
OS : WinXp(SP2)
CPU : Core2Duo E6850
RAM : 3.25GB(2GBx2)
HDD : 500GBx2(RAID0)
M/B : GA-G33M-DS2R(GIGABYTE)
GRA : XIAi26XT-WDC256X(Aopen)

1.SE-U55SXをAVアンプ+スピーカに繋いだ場合
TA-DE590(SONY)
LS-SE7(KENWOOD)

2.SE-U55SXにヘッドホンを繋いだ場合
HP-RX500(Victor)
MDR-EX85SL(SONY)

3.SE-U55SXをテレビに繋いだ場合
AQUOS LC-26GD2(SHARP)

Posted by myaguchi at 22:22 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年12月10日

994

[etc.]
e-onkyo music HDサウンド体験イベント


CDを凌ぐ高音質で配信中!「e-onkyo music HDサウンド体験イベント」にアフィリエイト枠で行ってきました。場所は東京本社マリンシアター。一般の方向けの招待イベントも次の日にあったようです。
こちら

e-onkyo musicは音楽配信サイトなんですが、高音質なHDサウンドを配信してます。配信される24bit/96kHzの音楽はCDよりも高音質だそうです。今回はクラシック、ジャズ、ポップスの3ジャンルを聴くことができました。再生環境はONKYOのオーディオパソコン、HDC-1.0(S) + D-P1の組み合わせでよくあるデスクトップオーディオのイメージ。これ、個人的に欲しいなぁと思いつつ手が出ない一品だったりします。

e-onkyo オンキヨー公式ショッピングサイトオンキヨー公式ショッピングサイト e-onkyo
いきなり結論から。
ぜんぜん違います(ははは

音楽を聞き分ける耳を持っている訳じゃないのでここがいいとか語れないんですが、一言で言うとクリアなスッキリした感じ。深みがないということではなくてひとつひとつの音を聞き分ける事ができてるそんな感じ。あ~、もっと表現力が欲しい。これじゃ小寺さんになれない(それはムリ)

今回はHDサウンドを
HDC-1.0(S) + D-P1、
一般的な環境として
ThinkPad + GX-R1Xでの聞き比べだったので曲だけの比較ではなく、システム全体の比較になってしまっていたのがちょっと残念です。このあたりは自宅で試してみようかな。

HDC-1.0(S) + D-P1のパワーも感じました。やっぱ音楽にこだわったつくりのパソコンは違うなと。他の参加者の方がCDを持ってこられてて聴いてみたんですが、音量大きすぎハプニングもあってちょっと笑っちゃったけどホントにいいです。なにも知らずに聴くとパソコンで再生してるなんて思わないだろうなぁ。SE-90PCI相当のハードウェアが搭載されているそうで、確かAV Watchに記事がと思ったらありましたよ。

第184回:最廉価モデルで最高音質を実現? ~2ch出力に特化した「オンキヨー SE-90PCI」~
第270回:オンキヨー「AVパソコン」のオーディオ性能は? ~ デザインや操作性を刷新した「HDC-1.0」 ~

常日頃の余談をちょっと。便利なのでiPod + カーオーディオで音楽を聴くことが多いですが、CD + カーオーディオでたまに聞いてみるとその差に驚かされるんです。普段、圧縮された音質に耳が慣れちゃってるとCDを聴いただけでもCDって音質よかったんだなぁと思うんです。CDとe-onkyoで配信されているHDサウンドを聞き比べると同じような感じなのかなぁと思います。

そういえば、いつもJ-POPばかりでクラシック聴いたのひさしぶり。ドヴォルザークの新世界は家にレコード(レコードって知ってるかな?)があったので小さい頃に聴いてた記憶があります。ひさしぶりに聴くとクラシックもいいもんですね。

いちおういろいろ調べてみたんですが専門的なことはよくわからなかったりして間違いがあるかもしれません。e-onkyoさん間違ってたらビシビシ指摘してもらえるとうれしいです。

さて、次回は「自宅環境で聴いてみる編」をといいたいところなんですがHDサウンドを再生する環境がないんじゃないの?どうする?

Posted by myaguchi at 22:04 | Comments [4] | Trackbacks [1]

2007年9月27日

962

[ケータイ]
続・D01NXにフリーズ問題発生。


先日書いたエントリーの状況はあいかわらずです。
接続時間にかかわらず発生頻度が多かったり少なかったり。今日も2回フリーズ。

カスタマーセンターの対応もあいかわらずで「対応時期は未定」 フリーズしたときはOSの終了ができないので「電源長押しで強制終了してください」との説明しかない。

すぐにリカバリできるのであればまだいい。
そうそう、すぐリカバリできればいいんだけど、パソコン再起動しないといけないのは致命的。
イーモバイル(D01NX)買っちゃいました!!...だったのに...
ドライバインストール不具合はなかったですが、カスタマーセンター対応はまさにこのとおり。
「赤点灯フリーズ・シャットダウン不可」という症状はD01NX(CFタイプ)限定だったみたいです。トホホ・・・。
他の端末は赤点灯フリーズ問題は出てない様子。まぁ、EM・ONEでもフリーズ→リセットしないとダメな状況になるらしいし、D01NEではRADEON XPRESS 200M搭載パソコンで不具合が、D01HW、D02OPは初期不良トラブルがと問題がない端末がないというのも泣けてきます。
不安になってちょっと調べたら、比較記事でもやんわりD01NEを”推奨”していました。
まさしく自分も「小は大を兼ねる」で選択したのにそんな記事があったとは。衝動買いじゃなくてしっかり調べて購入検討するんだった。


ここ数年、問題が起こったときの対処次第で評価が上がる会社もあれば、酷評されたあげく存亡の危機に立たされる会社もある現実を目の当たりにしてきたにも関わらす、e-mobileは限りなく後者に近付いている気がする。以前も書いたがモバイルブロードバンド開拓者として応援したい気持ちはあるので問題を真摯に受け止め、適切な対応を切に願うばかりである。

Posted by myaguchi at 02:10 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年9月 4日

946

[ケータイ]
D01NXにフリーズする問題発生。


公開していなかったのはすべてe-mobileのせいだw

なんて前回の記事で書いていますが、冗談ではなく半分ホントの話。e-mobile使い始めてモバイル環境ががらっと変わってめっちゃ便利になったんだけど不具合に泣かされるとはなんとも悲しい。

(問題点)
 接続中、アンテナランプが赤点灯になりD01NXが反応しなくなる。
 回線切断もできず、ハードウェアの取り外しでカードを終了させることもできない。

(対応方法)
 イー・モバイル カスタマーセンターの説明によると
 「パソコンの電源を強制的に切って再起動してください」とのこと。


たまにフリーズするぐらいならまぁ大目に見てあげてもいいんですが、購入したカードの場合、1日に8時間ぐらい稼働させると同現象が4~5回発生。そのたびにパソコンを強制終了しないといけないというのはちょっと使えない。使い始めて1週間ぐらいでほとんど接続できなくなって交換になりました。交換品は発生頻度が下がって1日1回発生するかしないか。まぁ、なんとか使えていますがパソコンを強制終了しないといけないという致命的な問題は解決してません。

PCカードタイプのD01NEでも問題があるのかなと思って検索してみるとこちらはチップセット(RADEON XPRESS 200M)との相性問題があるようですがうちのパソコンは該当しないので問題なし。その他は致命的な問題がないようなのでこれならD01NEを買うんだったと後悔しています。ついでに愚痴っておくとカスタマーセンターの対応が悪すぎる。対応履歴が残っていないのか毎回はじめから説明させられるのには参った。

カスタマーセンターの人の話ではD01NXで同様の問い合わせが結構寄せられているらしい。モバイルブロードバンド?をいち早く導入したe-mobileなので個人的に応援したい気持ちはあるんですが、問題を隠蔽せず早々に解決して欲しいと切に願うばかりです。

(2007.9.5 写真追加)

Posted by myaguchi at 16:07 | Comments [0] | Trackbacks [0]
935

[pc]
LOOX P + e-mobile で快適モバイル生活。


書きかけでほたってた記事を発掘してみる。
公開していなかったのはすべてe-mobileのせいだw
-----
今年の夏はEM・ONEかW-ZERO3後継の新機種(もう発売されちゃったAdvanced/W-ZERO3[es]じゃなくて大きい方がよかったからこれはちょっと違ってた)を買おうと心に誓ってた。でも、なにかが引っかかってたところで東京奢侈徒然さんいまはTKYSSTDさんにサイト名が変わってます!憧れのサイトでもろに影響受けちゃってますが、こんな生活できたらどんなに笑顔でいられるだろうかといつも妄想していますw

で、この記事を読んで妙に納得。

EM・ONEを買わなかったのはその性能の低さ(PCと比べて)やキャラかぶり(W-ZERO3はまだ現役)に加えて、その高い価格にもある。EM・ONEのインセンティブなし価格は95000円。値段聞いたとたんに脳内でソフマップの音楽が鳴りだした。ナントカワランティとも言っている。中古だ。中古PC買おう。

正確にはPDAってなんでも手軽にできそうでできないもどかしい感があったのでどちらかというとコンパクトなノートPCがいいなと思っていた訳で、W-ZERO3を現役で使ってらっしゃってたりタブレットPC!と心に決めてた東京奢侈徒然の中の人さんとはちょっと違うのですが、この記事を読んでその迷いはなくなりました。さらにもう一押しされちゃったのがこの記事。

つまりどこでも繋がるリッチな回線さえあれば、ムービーも地図も持ち歩く必要はないのね。重いコンテンツはダウンロードやストリーミング。無駄な情報は端末に入れずに、すべてオンデマンド。昔から言われて来たことだけど今改めて現実になった。

うち的ベストチョイスはバイオU101+イー・モバイル(またはウィルコム)だと思った。ん?バイオU101ってあの超小ロットで後継機種も発売されなかったあの幻のPCでは?

2007秋冬モデルFMV新登場つーことでもちろん買えるわけもなく、オークションで買うにしても高すぎて手が届かないので、バイオC1みたいにコンパクトでイマドキのスペックを持ったパソコンを探してみたらこれがまた選択肢がない。時代はデスクトップに置き換わるオールインワンのでかいノートパソコンばかりでコンパクトな1スピンドルモバイルPCなんてどこにもない(昔から選択肢すくなかったけど) で、行き着く先はLOOX P、または、検討時点で発表されていたLOOX Uとなりました。

小ささだけを考えるとLOOX Uなんだけど、A110という(謎のw)CPUをはじめ小さいから仕方ないといえる仕様ながら、なんでも入りのLOOX Pと比べるとスペックの差が大きすぎた。


というわけで、前置きが長くなりましたが LOOX P(70UN) + イー・モバイル(D01NX) でのモバイル生活がはじまりましたとさ。


2007秋冬モデルFMV新登場購入は富士通ショッピングサイトWEB MARTのアウトレットコーナー。うちが買ったLOOX P70UN(2007春モデル)はあと少しですがアウトレットコーナーで販売されています。

2007夏モデル、2007秋モデルもスペックそのままでマイナーチェンジにとどまっていますが、2007春モデルとの大きな違いはCD-ROMドライブなしが選択可能になった点で、オプションでCD-ROMを選択した場合は実質値上げ。

これを加味すると2007春モデル(標準でCD-ROMドライブ付)「FMV-BIBLO LOOX P70UN カスタムメイドモデル」がコストパフォーマンス的に最高。いまならソフトケースがついていたり、うちが買ったときより値段が1万円以上下がっていたり、週末5,000yen引きクーポンを使うとさらに安くなったりと、自分が買ったときにはなかったメリットがいっぱいで個人的にめっちゃ悲しい限りですが、2007秋モデル発表でもうすぐ在庫なくなっちゃうと思うのできっと今が買いだと思う。

Posted by myaguchi at 03:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年8月28日

941

[pc]
本田雅一氏が見たFlexScan HD2451W


「デスクトップ・ハイビジョン」をうたい、「AVセンターモニター」を標榜するナナオの24.1インチWUXGA液晶ディスプレイ「FlexScan HD2451W」。だが、基本的にはPC用液晶ディスプレイである同機の映像表示品質は、実際のところ、どの程度なのだろうか? AV評論家の本田雅一氏が評価した。

広告企画みたいなので悪い点が見えないんですが参考にはなりそうです。

Posted by myaguchi at 17:53 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年8月24日

940

[pc]
I-O DATA LCD-MF241X レビュー読んでみる。


PC Watch でLCD-MF241Xのレビュー記事があがっています。実際の画面表示について写真をふんだんに使って説明してくれているのでめちゃわかりやすい。

HDMIを装備した製品も、ベンキュージャパン、三菱電機、ナナオから発表が相次ぎ、アイ・オー・データ機器も「LCD-MF241X」を発表。最後発だったため、他社を超えるさまざまな機能を盛り込んできた。

やっぱこのモニターにいえることは最後発の強みというかユーザーの不満点をことごとくつぶし、要望をきちんとひろっている点かと。

今回は発表から出荷まで駆け足でリリースされた感が強く、まだまだファームウェア改善の余地があるようだ。映像ソースを望み通りに表示するという部分に関しては概ね良好な製品であるため、ファームウェアによるさらなる改善に期待したい。

この部分には激しく同意で、購買熱が冷める前にとにかく発売しなくちゃという感じがします。その代わりアップデート可能な仕組みを組み込んだという点では非常に評価できると思います。うーん、やっぱ期待できそうな気がしてきた。まだ実物見てないので、お店あったらじっくり見てみたいですね。

Posted by myaguchi at 15:37 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年6月15日

917

[pc]
LCD-MF241X続報


I-O DATA LCD-MF241Xの続報が入ってます。

公開された新機能は、10bitガンマ補正機能、特定の入力解像度でドットバイドット表示の縦横2倍で表示するモード、映像の遅延を少なくするゲームモード、アスペクト比設定の変更、ピクチャインピクチャ(PinP)など。また、オーバードライブ回路の搭載、HDMIケーブルが2本付属するとしている。
詳しい仕様は不明だが、先行して発表されたHDMI2系統入力搭載の三菱電機「VISEO MDT241WG」やナナオ「FlexScan HD2451W/HD2441W」をかなり意識したスペックになっているようだ。

ということで最後に発売のこの製品、先行した製品の不評な点を見事にカバーした製品仕様になってきているようです。同じ価格帯だとすると、HDMIケーブル2本付属ってすごいかも。HDMIケーブルって普通に買うと結構高いですからね~。

発売がますます楽しみになってきました。

Posted by myaguchi at 01:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年6月11日

916

[pc]
I-O DATA LCD-MF241X


気になる24インチ液晶モニタ第3弾はI-O DATA LCD-MF241Xです。
この製品は発売予定とあるだけで詳細なスペック、発売日は決まっていません。三菱発売前にナナオが発表し、ナナオ発売前にI-O DATAが発表と各社競争が激化しています。

株式会社アイ・オー・データ機器は、HDMI端子を2系統、D5入力端子など豊富な入力端子を備えた、フルHD対応のハイスペックノングレアパネル搭載24.1型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-MF241Xシリーズ」を発売予定です。

公開されているスペックではMDT241WG(三菱)+リモコン付きと言ったところでしょう。端子部分の写真では一部隠されているっぽいコネクタがありますが、これはS/PDIFなのか、2つめのUSBコネクタなのか(3ポートUSBハブの写真もあるのでたぶん違う)、またはただ単に穴をふさいでいるだけかわからないですが、試作品なのかな?

個人的にはボーナス待ちなのでそれまでに発売されれば候補になりそうです。

っとその前に、現行(もう生産中止かな?)モデル相当のアウトレット品がioPLAZAで84,800yenというのも気になる。画面サイズと解像度は同じなのでAV入力にこだわらなければ安いなぁ。悩むところです。。。

ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】

Posted by myaguchi at 07:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年6月10日

914

[pc]
EIZO FlexScan HD2451W


リンクシェア レビュー アフィリエイトちょうどプロモーションがあったのでレビューアフィリエイトとして書いてみます!

EIZOダイレクト気になる24インチ液晶モニタ第2弾はEIZO FlexScan HD2451Wです。

HDMI x 2、D4端子、コンポジットビデオ/S端子、DVI-D(HDCP対応)、ミニD-SUB15ピンとこちらも豊富な入力を持ってます。D端子がD5ではなくD4というのが惜しいかなと思いますがHDMIメインで使うなら問題ないかも。

もちろんフルハイビジョン対応。ドット・バイ・ドット表示に対応し、映像ソースの解像度と液晶パネルの解像度が、1対1で対応するため、価格帯の安い液晶モニターにありがちな縦長画面になることもなく、クリアでシャープなフルハイビジョン映像表示はいい感じ。高画質化機能も搭載されていますがこれは見てみないとなんともいえないところです。

PinPはマルチメディアモニタとしては標準的な機能ですが、透明度が設定できるのは今までになかったような気がします。普通なら小画面の下に隠れちゃって見えないんですが透けて見えるのはちょっといいかも。

EIZOダイレクトどちらかというとAV入力が注目されがちですが、個人的にこれは!と思った機能はUSBアップストリームを2基搭載という点。うちみたいに1台のモニターで2台のPCを接続している場合、PC切替機などをつかってキーボード、マウスを共有することになるのですがその機能がモニターに搭載されるのは非常に便利。さらにUSBオーディオ機能も内蔵しています。

スピーカーは内蔵していませんが、ボーズ社製プレミアム・パワードスピーカー M3(MicroMusicMonitor)のセット販売があったり、または、自分で好きなスピーカーをつなげられるという点ではいいかもしれません。すっきりモニタ内蔵がいいという方には欠点になっちゃうけど。

オプション品で液晶保護パネルがあるのもポイント高い。光沢とノングレアのリバーシブル構造がちょっとおもしろい。キラキラ液晶にもできちゃう。M3とセット販売の場合、液晶保護パネルとクリーナの分お得になっているようです。

なんかヨイショしすぎな気がしてきましたが、発売前なので使用者の声がないからいいところしかわからないのはしかたないところ。実際に買うときに気になる価格は三菱MDT241WGが実売13万円前後、EIZO HD2451Wは149,800yenと2万円近く差がある。EIZOというブランドから考えるとそれほど高くはないと思うけどそこは個人の考え方に委ねちゃいます。

このモデルはEIZOダイレクト専用モデルなので下記リンクからどうぞw
EIZOダイレクト専用モデル

Posted by myaguchi at 07:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年6月 9日

913

[pc]
三菱 24.1型マルチメディアワイド液晶ディスプレイ「VISEO」 MDT241WG


MITSUBISHI 24.1型マルチメディアワイド液晶ディスプレイ「VISEO」(クリアピアノブラック) MDT241WG発売前から「いいとこ取り」なんて言われて期待されていたMDT241WG。

HDMI x 2、D5端子、コンポジットビデオ/S端子、DVI-D(HDCP対応)、ミニD-SUB15ピンと豊富な入力系統が準備されています。価格は実売13万円前後と同クラス製品と比較して安いのですが、HDMIケーブルまで付属していたりと好感が持てる感じ。

うちの場合、HDMIが2系統あるとPS3とHDDレコーダがつなげられるので便利。テレビはAQUOS持ってるんですが古すぎてHDMIなんてついてないし。。。

すでに発売されてて実際の使用感があがってきていますが、リモコンがないのがちょっとと言う意見を結構見かけます。入力が多いと切り替えも大変だし、スピーカーがあるから音量調整もしたくなるだろうと考えるとリモコンはあったほうがいいかも。VISEOブランドながらTVチューナーがないので、外付けチューナをつなぐ使い方ならリモコンもいらないと考えていたのかな? 

賛否両論あるもののかなり好評に売れちゃってるみたいで在庫なし、お取り寄せになってるショップも多い様子。

三菱電機 VISEO 24.1型マルチメディアワイド液晶ディスプレイ MDT241WG : NTT-X Store

Posted by myaguchi at 17:32 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年6月 7日

912

[pc]
24インチ液晶モニターが欲しい


いま使っている19インチのモニタに24インチモニタを加えて2画面にしたいなと。本当は、22インチがちょうどいいのだけれど仕様や現物みてみると個人的にスペックがきびしい部分もありやっぱ24インチかなとなったわけです。

候補は、三菱 VISEO MDT241WG、NANAO EIZOFlexScanHD2451W、そして今日発表されたIODATA LCD-MF241Xぐらいかな。

24.1インチ、WUXGA+、HDMI対応、D端子対応などAV入力豊富なマルチモニターという感じ。基本的なスペックはほぼ同じなので細かい点をみていかないと自分好みのものが見つけられないと思う。いろいろサイトを見てみたがぶっちゃけ全部使ってみないとわかんないよ。ってムリだよw

Posted by myaguchi at 03:47 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年4月12日

866

[pc]
Gmail経由でスパム対策しながらメール受信


以前からGmailは使ってたんですがメインではなかったのです。
普通にBecky!でメール受信してました。でも。

メーラーは「Becky!」を使用していますが、メールサービス自体はメールサーバーから一度Gmailへ転送したメールを受信しています。こうすることで、Gmailのスパムフィルタ機能を使ってスパムメールを排除した状態で受信できるからです。

この記事を読んで積極的に使ってみようかと思うようになったわけです。というのも、以前、うちのサイトで公開していたメールアドレス(今のとは違う)に大量のスパムが届くから。Becky!のプラグインでスパムフィルター機能も使ってるんですが、最近はかなりの量がすり抜けてきてました。

早速設定ですが、メールサーバーから転送するのではなくてGmailの『別のアカウントからメールを受信:(POP3 を使用してメールをダウンロードする)』機能を使って受信してもらってGmailに蓄積されたメールをBecky!で受信しています。これは、うちのもっているアカウントのひとつで転送設定ができないから全部Gmailで受信しちゃえというわけ。

欠点はチェック頻度が1時間に1回程度ですぐにメール見たくても見れないこと。まぁ、プライベートメールなので急がないから個人的には問題ないですけど即時性を求めるなら転送設定にしたほうがいいです(設定画面に「メールを今すぐ確認する」ボタンがあるのでこれをクリックするとすぐ受信できますが)

また、Gmailで見るときもアカウントごとに自動でLabelがつけられるので、受信トレイで一覧表示されてもメールタイトル前に表示されるラベルでどのアカウントなのか一目瞭然。うーんこれは便利。

ケータイに対応したのでさらにさらにぐっと便利。

モバイルGmailでは、通常のGmailと同様にWebブラウザからメールの閲覧や新規メールの作成ができ、添付ファイルについてもWordやPDFなどのファイルについては内容をテキストで確認できる機能が備わっている。

200741124463815.jpg

Posted by myaguchi at 00:26 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年2月16日

857

[Bluetooth]
mLinkRが安いっす。2。


mLinkRを毎日使ってるので電池の持ちも悪くなってきたかなってことで予備で買いました。
P902iもあるので着せ替え~。ってちょっとはずかしいw
mLinkRは、やっつけなシルク印刷な感じですが、着せ替えカバーの出来は悪くないですよ~

100_0814.jpg
100_0816.jpg


接続認識は『MPX3000RPD』 ディズニーだからDが追加されてるみたいです。
P902iはもちろん、パソコンでもちゃんと認識してます。BlueSoleilの画面は下の感じ。
mpx3000rpd.jpg



Posted by myaguchi at 23:49 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年1月16日

846

[pc]
Windows VistaとリビングPC


メーカパソコンの話題を書くのはひさしぶり。
vaio VGC-V201以来、メーカパソコンを買っていないからというのがイチバンの理由かも。

個人的に気になるのは、リビングPCとかHTPCと呼ばれている分野。ワンルームなんでリビングもなにもないんだけど、逆に狭いからこそまとめてしまいたいという点で注目してるワケ。具体的には、今回発表されたFMV-TEO(富士通)とか、vaio TP1(ソニー)あたりです。

リビングPCといえばHDC-7(オンキヨー)なんて製品もあるんですが、ハイスペック志向な製品だけあって価格も20万円オーバーとなかなか手を出しづらいところかもしれません。それに比べると上記2製品はどちらも最小構成で99,800yenからみたいなので比較的購入しやすいかも?

ちなみにFMV-TEOをビデオデッキ代わりにテレビの下に置こうと思ってる人は奥行きは注意したほうがいいカモ。『正直でかいよ』と思っているHDDレコーダ、VARDIA RD-XD92D(東芝)の奥行きが351mmに対して、FMV-TEOは362.5mm。うちみたいに無印良品のスチールユニットシェルフ(棚の奥行き約400mm)を壁にくっつけた状態で置いた場合、背面の配線都合上、VARDIA RD-XD92Dでも前面が少し飛び出すぐらいになります(前面の飛び出しが約15mm、背面から壁までが約90mm)


パソコン本体ではないんですが、周辺機器?としてデジタルチューナーVGF-DT1(ソニー)も気になってます。自作パソコンでテレビ録画をしているんですが、自作パソコン用の地デジ対応のチューナーってないんですよね。たぶん。その点、VGF-DT1なら、LAN経由で録画できるみたいだし、vaio以外のパソコンもサポートするらしいという点がいいですね。ただ、49,800yenってちょっと高いなぁ。

Windows Vista登場を待ちに待ってたわけではないんですが、この機会に現状選択肢のないリビングPCが今後少しでも増えていけばいいなぁなんて思ってます。

Posted by myaguchi at 20:51 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年10月21日

801

[pc]
ちょいテレ


100_0724.jpg

いまだに『BUFFALO』の綴りがわからなくて、ぐぐるときにはちゃんと『melco』って入れてます。

んなことはどうでもいいんですが、めっちゃ人気らしいワンセグテレビチューナー『ちょいテレ』をノリで買っちゃったのでレビューします。ビックカメラ立川店で10,800yen、ポイント18%。製品詳細はメーカーページを見てみましょう。ワンセグテレビチューナー“ちょいテレ”(DH-ONE/U2)ってヤツです。


うちでは圏外でぜんぜんうつらないので、アキバにPS3見に行くついでに試してみました。外部アンテナをクルマの屋根にくっつけていざ出陣。パソコンはひさしぶりに起動した vaio PCG-C1MRX です。。。 って今気がついたけど動作スペック満たせてないやん(涙


行きは国道20号(甲州街道)を通って下道ルート。
環八を越えたあたりから首都高速4号新宿線が重なり、さらに高い建物が立ち並ぶ環境で電波がはいりにくそうな印象。しかし、その予想とは裏腹に都心に近づくにしたがって電波がとぎれることなくなかなか良好な受信状態でした。一方、ナビについてるアナログテレビはゴーストがでたり画像が乱れたりと結構ツライ感じ。このテレビ、壊れてるんじゃ???

ひさしぶりにアキバきたなぁ。って話はもうひとつのブログに書くとして

帰りは首都高速→中央道コース。あいにく、事故渋滞にはまって永福まではノロノロ状態。それでなくても混むのに。。。 三宅坂ジャンクションのトンネルと新宿インター付近以外はときどきとぎれるものの全線電波状態よかったです。三鷹料金所を越えて中央道では100km/hぐらいで巡航しても問題なし。これはかなり使えそう。


都心ってアンテナに近ければアナログでもちゃんとうつるでしょ?って思ってたけど、高い建物が多いとゴーストがひどかったりとイマイチな場合も多いです。その点、ワンセグの場合、電波さえ届けば映像が乱れないのでいい感じ。逆に、電波が届かなければ、音声もいっしょにキレイさっぱり映らなくなっちゃう。今回は外部アンテナでのテストで、ロッドアンテナはテストしていませんが、環境さえそろえば間違いなく便利に使えそうです。


あとがき
 DoCoMoの新しいケータイ、P903iかP903iTVで迷ってたんです。
 アナログテレビ付ケータイはイマイチ惹かれなかったんですが、
 ワンセグ付ケータイならいいかも? って思い始めました。
 ただ、P903iTVって値段めちゃ高そうなんだけど。。。


BUFFALO USB2.0対応ワンセグテレビチューナー “ちょいテレ” DH-ONE/U2
BUFFALO USB2.0対応ワンセグテレビチューナー “ちょいテレ” DH-ONE/U2

Posted by myaguchi at 20:07 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年7月 4日

752

[Bluetooth]
Bluetooth Headset BMH-B01S/SV


BUFFALOから昨年末ぐらいに限定販売されていたBluetoothヘッドセット+PC用ドングルがセットになったBMH-B01S/SVがまた流通しているみたいなのでamazonで購入してみました。


すでにいろんなところにレビューがありますので自分が感じたところだけとりあえず。

(環境)
 ○付属のPC用ドングル
 ○P902i
 ○上海問屋で昔売っていた白のv1.2対応ドングル
 

(ヘッドセット)
 ○値段が安い→4,100yen也
 ○通話ボタンが押しやすいので電源をさくっと入れられる。
 ○軽いのでイヤーホルダーはなくてもいいかも。
 ×スピーカー部分の形状が耳にあわないので痛くなる。
 ×音量ボタンがイマイチ押しにくい気がする(慣れか?)

(ドングル)
 ○値段が安い(もういいって)
 ○アンテナがついていると電波強そうな気がする(実際はそうでもない)
 ×付属ソフトの設定画面とか文字化け
 ×そもそも付属ソフトが使いにくい
 ×でかい
 ×などなど


価格が安いので入門用としてはいいと思いますが、すでにお気に入りのヘッドセットがある場合は購入の必要性なし。うちは持ってないのでまぁよかったと思います。とりあえず、耳が痛くなるのを何とかしないといけないんだけどいい案ないですか?


いくつか見つけたレビューを引用

東芝のモデルは伝統的にBluetoothを搭載しているのでこれを利用しない手はありません。 というか、携帯での使用を前提に買ったんですがね。

P902iでも問題なく使えるのでクルマとかで使おうかと考え中。。。


総論:他の商品と比較しても特に劣ることの無い性能を備え、この値段を実現したバッファローはスゲェw

まさしくそのとおり! この値段は魅力的すぎます。イヤーチップだけ購入できるといいんですが。

付属CD-ROMに入っていたBHM-B01S/SVのリファレンスマニュアルに記載されていた、Bluetoothレシーバーの対応プロファイル。 パッケージにレシーバが対応するプロファイルについての記載がないのが不安だろうと思うので、書いておきます。

プロファイルとか詳細情報ありがとうございます。そっか、マニュアルCDに入ってたんだ(ぉ


BUFFALO BMH-B01S/SV Bluetooth ヘッドセット レシーバー付
BUFFALO BMH-B01S/SV Bluetooth ヘッドセット レシーバー付

Posted by myaguchi at 00:04 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年7月 3日

751

[pc]
FEATHER2006 Ver.9.05


機能は盛りだくさんだけれど安定性がイマイチなFEATHER2006。ひさしぶりにアップされたVer9.05は果たして?

1ヶ月ちょっと使ってみての感想です。あ、FAETHER2006ですが、インターフェイスが好みでないのでFEATHER2005モードで使っています。

(注意)
 このアップデータを適用すると、設定が初期化されます。
 また、一部機能が制限される場合があります。
 こちらの説明をよく読んでインストールしてください。


(よくなった点)
 ・CiRAgent接続時にCDVRS.exeが強制終了しなくなった。
  →これ、致命的だったのですよ。ホント。

。。。以上(ぉ


(悪くなった点)
 ・ビデオ登録が全削除(ファイルは残っている)
  メディアライブラリから登録しても登録不可の状態になる。
  結局、再インストールするが復旧せず。
  アンインストール後、環境クリーナーで完全削除、再インストールで復旧。
 ・ビデオで[NEW]表示が消えない。
 ・ビデオで[途中から再生]ができない。


致命的なバグは直ったのでずいぶん助かっていますが、今までできていたことができなくなるなんてどうしようもないソフトですね。しかも、変になって完全再インストールに陥るとは!

はやくまともなアップデータがリリースされることを期待します!

Posted by myaguchi at 23:41 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年5月16日

740

[pc]
第九回アカデメディア 『デジタルスタイル会議』


sonystyle枠で運良く当選したので行ってきました!
前回の『写真会議』に行けなかっただけに喜びもひとしおです!

今回はソニー協力による開催とあって本日発表された VAIO typeU の実機にふれる機会があってVAIO好きにはたまらないイベントとなったはず。「type U 開発者に聞く」を生のプレゼンで見ることができて熱い思いを感じることができたのもよかったですね。

会議ではテーマに沿ってまずは個人で、そしてグループでアイデア出しをして発表といった流れ。ひさしぶりに普段使わない頭を使った気がする。発表されたアイデアはネタも含めてよく考えられてておもしろかった。意外と実用的なのもあった気がする?

百式の中の人のテンポのいい進行も相まってめっちゃ充実した時間だったですよ。


写真ぶれまくって全然ダメでしたorz


アカデメディア
 http://blog.academedia.jp/

百式
 http://www.100shiki.com/

vaio
 http://www.vaio.sony.co.jp/

VAIO type U開発陣が開発秘話を披露(PC Watch)
 http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0517/sony.htm

Posted by myaguchi at 23:59 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年2月 4日

701

[pc]
訂正(FEATHER2006)


Ver.9.03βでもやっぱダメだった。
今日、落ちてて録画できてなかったorz

Posted by myaguchi at 23:59 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年2月 3日

700

[pc]
パソコンが起動しない(汗


パソコン作り直したいなぁ」なんて言ったからか、パソコン起動しなくなってしまった。

ときどき起動するんだけど、かなりの確率で電源入れて数秒でOFFみたいな。
これは早急になんとかしなければ!

が、突然のことで予算がないため2台あるデスクトップをとりあえず1台にまとめる予定。

そういえば、FEATHER2006バージョンアップしたら落ちなくなった気がする。
強制終了で悩んでいる人は試してみましょう(但し、β版なので自己責任で)

canopus FEATHER2006 ダウンロードサイト

Posted by myaguchi at 23:15 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年1月26日

693

[pc]
パソコン作り直したいなぁ。


TV録画用に使っているパソコンを作り直したい。
今回のターゲットは昨年末買ったキャプチャーカードMTV2006HFの増設とHDD交換。

MTV2006HFは、canopus MTVシリーズでは4枚目の購入。
ところが録画ソフトのFEATHER2006が全然安定しない。
具体的には予約ソフトが強制終了してしまって予約できないという致命的な問題。
アスペクト比が反映できない問題はβ版でバグフィックスされています。


ハードディスクはパソコン本体に内蔵しようか、NASを買って録画ファイルを共有できるようにしようか悩んでます。とりあえず、手元にあった玄箱HGをつかって録画してみることに。

結果、録画はできる、再生もできる、でも再生中に早送りができない(15秒スキップはできる)
うーん、微妙。。。

一応、LANはGigabitLANなので遅くはないはずですが、玄箱HGの転送スピードが遅いのか、そもそもGigabitLANじゃはじめから話にならないのかわかんないけどちょっと使えなさそう。他のNASを買ってもダメだったらショックでかいのでここはおとなしくハードディスクはパソコン本体内蔵となりそう。


余談ですが、このまえ、Gigabitのハブを買い換えました。IODATAのETG2-SH5WH。サイズもずいぶん小さくなって発熱も少なくいい感じ。マグネット付きなのでブックエンドに貼り付けて立てて使っています。あ、縦置きスタンドも付属してます。動作LEDが見にくいのがちょっと難点(上面からは見える)

ETG2-SH5WH_0.jpg
大きさ比較


ハードディスク内蔵となると発熱問題をクリアしたいからケースも。電気代を抑えるにはCoreDuoもいいし、なんて、言いだしたらキリがないなぁ。とりあえず、FEATHER2006のバージョンアップ待ちかな?


I-O DATA ジャンボフレーム対応 ギガビットスイッチングハブ [ETG2-SH5WH]
I-O DATA ジャンボフレーム対応 ギガビットスイッチングハブ [ETG2-SH5WH]

Posted by myaguchi at 23:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年12月27日

674

[pc]
なつかしのOS/2。


Windows 3.1のアプリがOS/2の中でシームレスに動作してましたからね。あれはなかなかすごいもんです。

ぶっちゃけまだあったのかという驚きが。

10年ぐらい前、訳あってOS/2を使ったことがあったのですが、すでにWindows3.1に慣れていたものの、頻繁に使っていたLotus1-2-3なんかはOS関係なく同じに使えていたので違和感は特になく。逆に言うと業務用というイメージはあまりなく普通のPCで使っていたので、当時は一般に広く使われることを目指していたのかなぁ?なんていまさらながら思いました。

Posted by myaguchi at 00:47 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年10月 5日

607

[pc]
Windows xp 見た目カスタマイズ。


前のエントリの覚え書き。

カスタマイズした点は次の3つ。

1. テーマ
2. 壁紙
3. プログラムランチャ

1.テーマ

ウインドウやタスクバーのデザイン変更はWindowBlindsなんかが有名ですが
うちのパソコンだと不安定になるのでUXTheme Multi-Patcherを使用。
Microsoft純正以外のテーマも使えるようになります。

インストール前に「復元ポイントの作成」をしておいた方がいいようです。

テーマはdeviantART等からダウンロードできます。
→Skins & Themes - Windows Utilities - Visual Styles


2.壁紙

これは画面のプロパティから普通に変更できるので簡単です。
壁紙もdeviantARTからダウンロードできます。
Wallpaper

Wallpaper Sized をクリックすると壁紙のサイズで絞り込みができるので便利です。
うちみたいにワイド画面の場合はSubcategoryでHDTV/WideScreenを選択するのもアリ。


3.プログラムランチャ

ObjectDockのフリーソフト版を使っています。
日本語化はWindowx Matrixさん。
インストール方法も詳しく解説されています。すばらしい!

ちなみに天気予報の地域コードはweather.comで探します。
「Enter city or U.S. zip」という欄に「Japan」と入力してGo!
都市名が表示されるのでリンクをクリックすると
アドレスバーに地域コードが表示されます。(例。東京はJAXX0085)


最後にひとこと

 webをさまよっていたらこんなページを発見しました。
 いや~、すごいの一言です。

Posted by myaguchi at 08:47 | Comments [0] | Trackbacks [0]
606

[pc]
VAIO type X Living.


テレビ録画が当たり前になってきたメーカー製 PC ですが、DVD レコーダを強く意識したソニーならではの意欲作が出てきたと感じます。MD ドライブは搭載されていませんがバイオコンポや VAIO MX、MXS の直接の後継機種ともいえるのではないでしょうか。

リビングルーム向けパソコン、「VAIO type X Living」が発表されました!
VAIOethicsさんでも書かれていますが、バイオコンポの後継機が
満を持して発表されたといった印象。

自作機でテレビ録画マシーンを作っているので個人的にはいい感じ。

ただ、ディスプレイ出力がHDMIとD4のみという点がイタイ。
VAIOethicsさんの前のエントリで更に_| ̄|○

加えて、現状ではフルHDに対応しているものがハイエンドクラスの製品しかないので、中途半端な解像度のものを買っても結局無駄になるんですよね。

えーっと、解像度も、HDMI非対応な点も、あわせて中途半端な
液晶テレビを買ってしまったため、DVIで繋ぎたいのですよ。
でも、本体写真をよーく見るとHDMIはPCI-Express(LowProfile)っぽいので
グラフィックカードを差し替えればDVI接続がいけそうな気もしますが。

いろんな意味でおもしろいマシンが出てきたといえますが、
これが果たしてリビングに進出できるのか、ちょっと見物です。

Posted by myaguchi at 06:17 | Comments [0] | Trackbacks [1]

2005年9月29日

605

[pc]
Apple?


desktop.JPG
TSUTAYAで「DESIGNERS' DESKTOP」という本が売っていたんです。
簡単に言うとWindowsをカッコよくしようって本。
そういえば、昔、はまった時期があったなぁ。
と思いながらつい買っちゃったのですが、 こういうのってやり始めるとキリがないっす。

とりあえずこんな感じ。

Posted by myaguchi at 03:35 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2005年2月 6日

466

[pc]
超音波キーン。


 DVDプレイヤーを持ってないので自作PCで見ているわけですが、DVDアクセスするとキーンという超高い音が。DVDドライブそろそろ寿命みたい。あぁ。

 そういえば、VAIO typeV(V201) 今日旅立っていきました。2004/5購入なので1年持たなかったですがとにかく不具合に泣かされたマシンでした。3回目の修理は12月~1月の2ヶ月間、1回目からのトータルで約3ヶ月間修理に出していた計算になります。ただ、手放した最大の原因はSonyサポート(VCL)の対応が最悪だったこと。もうちょっとまともに対応してくれれば手放すことはなかったでしょう。残念。この機会に、VAIO C1MRXも旅立ってもらうことにします。

 物を捨てるという今年の目標が着々と進行中。有言実行とはちょっとめずらしい(ぉ

Posted by myaguchi at 23:49 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年1月16日

450

[pc]
D-VINE 5 Media Center Enclosure。


ちょっと前の話ですが昨年の終わりに自作マシンのケース(写真下段)を購入しました。中段はAVアンプTA-DE590(Sony)、上段はKENWOODのミニコンポ(置き場がない)。

 DSC02004.jpgDSC01983.jpg
 AHANIX D-VINE 5 Media Center Enclosure

 リンク先のAHANIXはリニューアル中で写真が間違っていたりちょっとごたごた中。国内代理店のリンクスのサイトはこちら

 SonyのAVアンプとそろえたかっただけなのですが、前から見た感じはぴったりです。しかし、奥行きは Sony AVアンプ = 270mm に対して、470mm と200mmも長いです。おそらく、ATXマザーボードを入れるためにこのサイズになったのでしょう。300W電源が付属していますが、これがMicroATXサイズなので電源交換のときは要注意。

 前面パネルは、POWER-SW、RESET-SW、5.25inch光学ドライブ専用ベイx1、VFDのみと非常にシンプルなのがお気に入りです。webには、3.5inchシャドウベイx1と記載されていますが、5.25inchベイの上下に1台ずつ、合計2台はなんとか固定できます。うちの場合は、HDDx5台収納しないといけないため、空きスペースに固定せずに置いていたりします(ぉ

 くせ者なのがVFDで、正式サポートされていません。一応、リンクスのサイトにインストール方法の記載がありますが、ここで紹介されているsmartie51が落ちること落ちること。特に休止状態からの復帰はまず無理。普通にソフトを立ち上げただけでも『応答なし』。うちのマシンとよっぽど相性が悪いんでしょう。
 そこで、LCD Smartieのサイトからver 5.2をダウンロードしたものの、これもダメ。ver5.3 beta 3 をインストールしたところ超安定動作。betaの方がいいってのはどうよ。(うちの環境の話なので皆さんの環境ではどんな動作をするかわかりません。ソフトの導入はあくまで自己責任でお願いいたします。
 この、LCD Smartieというソフトは、VFDまたはLCDにいろんな情報を簡単に表示できるんですが、MBM5Winampと組み合わせるとさらに吉。表示内容はITmediaの記事が参考になります。

アキバに登場したこだわりパーツをとりあえず試す「週末アキバPick UP!レビュー」。今回は、9月11日の調査で発見したちょっとAV風PCにできる5インチベイ情報表示パネル、SilverStone「SST-FP54」をチェックした。

 とにかく気に入っているこのケースですが、ネックは価格。ツクモケース王国で38,000-ぐらいしました。相当悩んだもんなぁ(といいつつ発売日に購入したけど)
 今回はケースのみ入れ替えでしたが、長いこと使っているのでそろそろCPUなんかも交換したいところ。でも、お金がないのさぁ~。

Posted by myaguchi at 23:32 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年1月10日

443

[pc]
vaio新製品。


 vaio新製品が発表になってちょっと経ちますが、typeVも3代目になりました。順当にスペックアップを続けていますが、次回ぐらいにはフルモデルチェンジでしょうか?

 MotionRealityなど機能はすばらしいと思うのですが、実は、うちのtypeV(PCV-V201)、ワイヤレスキーボード接続が不安定で3回目の修理に出しています。今回の修理期間はすでに1ヶ月を超えているもののキーボードとマウスが使えないと話にならないので仕方ない。購入してから度重なるリカバリ、修理でほとんどまともに使った記憶がなく完璧はずれを引いてしまったようです。VCL担当が逆ギレするし、こんなことならvaioWから買い換えるんじゃなかったと心底思っている現状。

 「物を捨てる」のが今年の目標の一つなので、ここはきっぱりあきらめてtypeVは手放す予定。vaioだからというこだわりが希薄に感じるのと、VCLの対応は悪いイメージが強いため(もちろん、ちゃんと対応してくださった方もいます!)、今度メーカPCを買うとしたら、個人的な印象ではデスクトップはNEC、ノートはPanasonicかな?なんて考えてます。

Posted by myaguchi at 01:15 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年8月 4日

309

[pc]
自作マシンパワーアップ。


東京の自宅にある自作PCですが、この土日にひさしぶりにパワーアップしました。

 ・ HDD200GBx2(RAID)増設。
 ・ HDDクーラー設置。
 ・ MTV2000増設。
 ・ IDEケーブルをスマートケーブルに変更。

TVキャプチャがSmartVisionHG/VとMTV2000の2台構成になったので裏番組録画も可能になりました。ハードディスクも160GBからRAID構成の400GBへ大幅アップ。もともとある160GBは編集専用にあてて、録画領域を圧迫しないようになります。また、Seagateのハードディスクは発熱が大きいので触れないぐらい熱かったのですが、今回HDDクーラーを設置することで冷却することにしました。試しにファンレスヒートシンクタイプを1台、ファンタイプを1台それぞれRAID構成のHDDに取り付けています。2時間ぐらい稼働させてみましたが発熱は以前に比べてだいぶおさえられたようです。

Posted by myaguchi at 17:07 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年6月11日

272

[pc]
続・V201。


引き続き、画面がおかしくなってフリーズしてしまう件ですが、ちょっと時間があったので再度VCLに電話しました。すると、またもリカバリをしろと。無理と伝えると、ディスプレイドライバの再インストールをしてくださいといわれ、その通りにしたんですが、それから1日。とりあえず再発していません。

しかし、今度はリモコンとかキーボードのボタンでサスペンドができない。再再度、VCLへ電話。またまた、リカバリをしろと。なんでもかんでもリカバリをすればいいというもんでもなかろうに。『ハードかソフトかの切り分けをしたいので』なんて決まり文句を言っていますが、リモコンとキーボードのボタンが同時に壊れることなんてある? そもそも、リカバリは最終手段でしょ? 工場出荷時状態に戻すんでしょ? 届いたときから現象が出ているのに工場出荷時に戻したところで何が変わるの?

なんて、最近の仕事のストレスからこんなことを考えていたり。もう末期だな。

Posted by myaguchi at 20:01 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年6月 8日

268

[pc]
vaio VGC-V201。


いつのまにかパソコンをW501BからV201に買い換えました。買ってから10日間ぐらい経ちましたがインプレを少し。

パソコンでテレビ録画生活の自分にとっては言うことないです。液晶の視野角が広くて色が反転したりせず、クリアブラック液晶、高画質ビデオプロセッサMotionRealityによる画質向上も一目でわかります。また、Gigapocketで自分的には難点だった早送りをすると15秒進むという仕様も、早送りを押すたびにx2、x4・・・といった具合に早送りされるようになってかなりよいです。これはDVD再生時も同じオペレーションとなっていて、操作性の統一という点で初心者にも優しいですね。また、基本的にフル画面表示のためリモコンでらくらく操作というのは非常に便利。自作PCのTV録画で当時リモコンが欲しかったがためにMTVシリーズではなくSmartVisionシリーズを選んだぐらいですから自分にとっては重要ポイントといえます。

PCとしての機能はW501Bを使っていたときとほぼ同じで変化はありません。普段、webとメールぐらい、ときどきword、excelを使うぐらいなのでspec的に問題なしです。愛知の家用マシンとしてはいいのですが、東京に戻ったときに録画番組の編集&DVD作成時にはちょっと非力に感じるかもしれませんがそれもたぶんときどきだと思うので問題ないでしょう。というか、そのときは自作PC使えばいいか。

さて、一通り褒めたところで難点を(ぉ

DSC01626.jpgまず、PCだから当たり前といえば当たり前ですがフリーズします。しかも、画面が縞々になって固まっていることが既に3回。予約録画もぱぁです。よーく見るとDoVAIOがエラーとなってます。たぶんMotionRealityのドライバ作りこみがうまくいっていないとかそんなんだと思います。昨日、VCLに電話して聞いてみるとBIOS初期化して様子見てくださいといわれましたが、今日再発。ぜんぜん直っていない。また、MotionReality関連で、テレビを見ていてDoVAIOを終了すると画面の表示、色がおかしくなることがあります。こちらは不具合を確認しているそうですが『仕様』だそうです。

また、DoVAIOメニューで文字がダブってしまい、選択もできなくなるという不具合も発生しました。これは、DVDを外付けのDVDドライブで再生しようとしたときにリージョンエラーが発生してこのような状態になったのですがVCLの人には取り合ってもらえませんでした。ちなみに、外付けドライブはIEEE1394接続のケースにバルクのドライブを入れたものなのでリージョンが”1”になっています。日本のDVD-Videoを見た場合、リージョンエラーは当たり前なのですが、それでメニューが固まっちゃうのは勘弁。また、DVDドライブが2つあるわけですがドライブレターが間違って表示されます。(うちはQ:とR:ドライブなのですが、Q:が2つとかR:が2つ表示されます)今回はVCL担当がはずれだったのでまともな対応が得られず残念でした。いくら新製品発売直後で忙しいからってそんな対応しているとソー○ックの二の舞になる気が。まぁソニーだからブランドバリュー的にそれはないと思うがVCLの対応はいままでよかった記憶がないです。なんでも仕様にすればいいというもんでもなかろうに。

リモコン操作は、W501Bと比較してボタンが少なくなったおかげで簡単。。。 と書きたいのですが逆にメニュー階層がかなり深くなってしまって不便になった印象です。DVD再生時、音声や字幕の選択することがおおいので直接操作できるボタンがなくなったのは辛い。また、なぜか『再生』と『一時停止』の配置が逆になってしまったので今までのに慣れてるといきなり一時停止してしまって??? ってな具合になります。

『初物』なので不具合があることはわかっていましたのであまり驚きもしないですが、はやいところ対応していただきたい。さもなくば9月の愛知出張終了と共にさよならですね。

Posted by myaguchi at 23:31 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年5月16日

234

[pc]
VAIO 第2章。


 昨日は遠路はるばるお台場mediageで開催されている『Do VAIO World 2004』に行ってきました。約束していなかったのですが、予想通りBrown Sugarさんと来場直後に会ってしまい、いろいろと話を聞きました。(普通、スタッフに聞くよな)

 今回の目玉は キーボードを持たないコンパクトなWindowsマシン typeU だと思うのですが、自分の方向性とちょっとずれているのであまり興味なし。でも、実際に触ってみると認識ががらっと変わりました。これはおもしろい。画面解像度SVGA(800x600)ってなにをいまさらなんて思っていましたが、これがtypeUならしっくりくる。また、オペレーションがPDAっぽいだけにWindowsが動いているだけでおもしろく見えるのかもしれません。ただ、TamaさんVAIO日記なのかよ!(三村)で書いているとおり、価格がネックになるのかな? なんて思いました。

 さて、自分の中でのメインストリームはというと 1スピンドルモバイルノート。ちょうどC1MRXのバッテリがお亡くなりになられたのでvaio新製品発表には期待していたのですが、このタイプのノートパソコンは結局発表されず。やはり、Let'sNoteR3に逝けということなのだろうか? 仕事でLet'sNoteW2を使っているので確かに性能も高くて技術力の高い製品だなと感じます。でも、個人的には今までずっとvaioできたのでこれからもvaioでしょ? なんて感じつつ。でも、その思いも今後の方向性を見たところ無理な気がします。

 さて、イベントに行った本当の理由は実は typeV です。似たような製品のW501Bを持っていますが、購入時からわかっていたもののやはりキーボード一体型+変則なキー(deleteが丸ボタンなど)というのは非常に使いにくい。しかも、PC向け液晶ディスプレーではよくあることですが縦方向の視野角が狭く、ベッドに横になってW501Bでテレビを見ると画像が反転してしまってきちんと見えないといった弱点があります。なので、V11の17inchワイド高性能液晶モデルが発売されたら買い替えようと思っていたのでした。そこで登場したのが typeV というわけです。
 液晶のサイズがVGC-V201(20inchワイド液晶)、VGC-V171(17inchワイド液晶)、VGC-V151(15inch液晶 : ワイドではない)の3種類あり、画面の大きさが違うだけでV201とV171はほぼ同じ仕様だと思っていました。 が、実物を見ると液晶がまるっきり違う。V171は従来のWシリーズと同じく縦方向の視野角が狭く、これでは問題外。V201はどの角度から見てもクリアな映像を見ることができ、まさしく液晶テレビのようです。迷うことなくV201でしょうといいたいところですが価格差約5万円はかなり大きい。自分にとって明らかに予算オーバーなので今回は見送りかな? と考えています。Priusが23inchワイドだったりするのでそれに劣っているかななんてのもあるし。
 デザインも評判がいいようで(自分はあまり好きじゃない)、最大化表示時のテレビ画質も従来機と比較して大幅によくなっている。しかも、HDD/DVDレコーダの代わりにもなる。デスクトップパソコンでちょっとテレビ録画とか興味あるんだよねって人はとりあえずtypeVを買っておけば問題ないといえるレベルにまで来ていると思います。ただ、液晶テレビ+HDD/DVDレコーダ買うぐらいだったらこれ買ったほうがお得だよねという考え方はできません。なぜならテレビを見るのにわざわざPCを起動しなければならないからです。『クイックスタンバイ機能』ですぐ起動するとはいえ、実際にやってみると5秒で起動とはならず、やっぱりパソコンの限界は見えます。これはWindows上でソフトが動いている限り逃れられないことだと感じました。Prius Deck J Series(Woooコラボモデル)のように液晶テレビ(Wooo)+パソコン本体といった考え方だったらまったく問題ないのだけれど、こちらはお値段が。。。
 なんだか否定的な意見ばかりですが、なんだかんだ言ってV201は非常によくできたマシンだと思います。20万円オーバーのミドルレンジ向け価格設定なので大人気商品となるかはわかりませんが、V171を購入するぐらいだったら奮発してV201を購入したいと思わせる何かがある。そんな印象を受けました。ひさびさの長文失礼いたしました。

関連サイト
vaio公式サイト
VAIOethics
CYBALION

Posted by myaguchi at 11:49 | Comments [0] | Trackbacks [0]