2010年1月28日

1135

[Bluetooth]
Bluetoothワイヤレスキーボード ELECOM TK-FBP014 と Microsoft Bluetooth Mobile Keyboard 6000 を買ったよ。


マウスはLogicoolばかりなのにキーボードはLogicool製品は全然使ってません。FILCOとかPFU(HHK)じゃなきゃイヤだ! というわけではなく、ノートパソコンっぽいキーレイアウトのパンタグラフ系のキーボードが好きなんです。

いままではELECOMのTK-FCP004という有線のUSB接続のキーボードを使っていたのですが、無線がいいなぁと思ってBluetoothワイヤレスキーボードを買ってみたのです。

上:新しく買ったBluetooth無線接続の ELECOM TK-FBP014
下:今まで使ってたUSB有線接続の ELECOM TK-FCP004

TK-FCP004のほうがちっちゃいしかっこいいですね。かな表記がないのですっきりしててキートップも違います。TK-FBP014のほうがストロークが大きくて打鍵音がうるさいかな? 買ったばかりだからしばらくしたら変わるかもしれませんがキータッチはTK-FCP004が好きです。

せっかく買ったTK-FBP014が残念なことになってますが、いいこともあるのです。
複数のパソコンをBluetoothでペアリングできて[Fn]+[F1]~[Fn]+[F9]で切り替えることができるのです。

複数のパソコン使うときでもキーボード切替器いらないから便利です。
まぁ、マウスは2個いるんですけどw

PC1にデスクトップをPC2にviliv S5を登録。
右下のちっちゃい画面がviliv S5です。キーボードついてないのです。

PC1とPC2は[Fn]+[Tab]で交互に切り替えることができるので頻繁に使う機器はここに登録しておくと便利かもです。ただ、切替の時に2秒ぐらい接続の間があります。USBのキーボード切替器も持ってるのですが同じように接続待ちがあるので個人的にはあまり気になりません。

さらにPS3も登録できちゃったりするのです!
ときどきしか使わないPS3はPC3に登録しました。

amazonでの価格が5,000yenぐらいなのでBluetoothキーボードでは安いほうかな? ホントはTK-FCP011のデザインでTK-FBP014の機能だったら一番いいのになぁ。

関係ないですがviliv S5にはBluetooth機器がいっぱい登録されてたり。

 

さて、トップに写真を持ってきたもののここまでまったく触れられていないMicrosoft Bluetooth Mobile Keyboard 6000ですが、実はあまり使ってません。

キータッチは軽くて、が、しかし、いい感じのクリック感がありかなりお気に入り。デザインもよくて単4電池ということもあってめっちゃ薄いです。

で、なんであまり使ってないのかというと[Enter]の右側にもキーがあってよくミスタイプしてしまうのです。[del]とか押しちゃう。買う前からわかってたのですがこのあたり気にならないならコストパフォーマンスもよくていい製品なのに!

関係ないですが左下が[Ctrl]じゃなくて[Fn]だったりするキーボードも苦手です。

写真はありませんが、10keyが別についててそれはよく使ってます。

ノートパソコンでワイヤレスマウスとワイヤレス10key使うと、USBケーブルの出っ張りなくてすっきりしていいですよ。普段はマウスとか10keyなくてもいいんですが、CAD作業するときはあると便利なので使ってます。

 

最後にうちにあるワイヤレスキーボードの大きさ比較写真。

左:SONY VAIO VGP-WKB1/J (ワイヤレスだけどUSBレシーバがでかいw)
中:ELECOM TK-FBP014
右:Microsoft Bluetooth Mobile Keyboard 6000

 

Posted by myaguchi at 00:38 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年12月 4日

1129

[Bluetooth]
パケ・ホーダイダブル128kbps接続をセットアップしてみた


タイトルが長いですが本文もかなり長いです。

(ドコモショップってかなり対応いいと思うんですが、ことデータ通信に関しては以前から残念な対応ばかりで今回もしかり。アクセスポイント、接続情報については後日電話をいただいて確認した内容を書いています。。。)

2009年12月からパケ・ホーダイダブル、パケ・ホーダイシンプルでパソコンなどを接続した受信最大128kbpsの通信を上限5,985yenで使えるメニューが増えました。通信速度は遅いですが、上限金額がケータイのiモードフルブラウザ使用のときの最大金額と同じというのがポイント。詳しくはニュースリリースで。

特定のアクセスポイントに接続することで、パソコンなどの外部機器を接続した受信最大128kbpsの通信を上限5,985円(税込)でご利用いただけるよう、パケット定額サービス「パケ・ホーダイ® ダブル」に2009年12月1日(火曜)よりメニュー追加いたします。

via: 報道発表資料 : パケット定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル」のメニューを追加 | お知らせ | NTTドコモ

以下、F-01AとパソコンをBluetooth接続して通信するときの設定メモ。

条件・注意点

・ パケ・ホーダイダブル または パケ・ホーダイシンプル を契約している
・ mopera U スタンダード または ライト を契約している
・ 128k接続用のアクセスポイントに接続する

Bluetooth接続で通信する場合の注意点

Bluetooth経由で接続先(APN)を設定してください。
パソコンとケータイをBluetoothでペアリングしてからドコモコネクションマネージャで設定するとうまくいくかと。

パソコンとケータイ(F-01A)をBluetoothでペアリングする

・ケータイ(F-01A)
[MENU] - 6[LifeKit] – *[Bluetooth] – 5[ダイヤルアップ登録待受]

・パソコン
新規Bluetoothデバイスを検索する。F-01Aが見つかったらペアリングします。

ケータイ画面に『(デバイス名)から接続を求められています。接続しますか?』と表示が出たら『はい』を選んだ後パスキーを入力。パソコンでも同じパスキーを入力します。ケータイ画面に『(デバイス名)登録しました』と表示されればペアリング完了です。

F-01Aでは [MENU] - 6[LifeKit] – *[Bluetooth] – 2[登録機器リスト]で登録を確認できます。接続待機中になっていない場合は機器を選んで決定を押すと接続待機になります。

ドコモコネクションマネージャの設定

(注意) 最新版をダウンロードして下さい。以下説明文は Ver 3.1.2 です。

mopera U 公式サイトにわかりやすい説明があります

今回は設定ウィザードを使いました([設定] – [設定ウィザード])
公式サイトがあるので説明抜きで画面だけ貼っておきます。

設定完了です。『接続する』ボタンで接続してみましょう

『mpr.ex-pkt.net』に接続されていればOK

接続できました!

接続先(APN)を確認してみると 番号(cid)=2 に追加されてます。
ダイヤルアップの電話番号は *99***2# です。


スピードテストしてみました。
USB接続とBluetooth接続はどちらも同じぐらいの速度ですね。

F-01A + viliv S5(ネットブック)
(パケ・ホーダイシンプル128K接続:下り最大128kbps/上り最大64kbps)

USB接続
・下り 123.5kbps (15.44kByte/sec) 測定品質 94.2
・上り 60.84kbps (7.604kByte/sec) 測定品質 96.9

Bluetooth接続
・下り 122.9kbps (15.36kByte/sec) 測定品質 96.5 
・上り 60.70kbps (7.588kByte/sec) 測定品質 97.5

参考) L-02A + viliv S5(ネットブック)
(定額データプランHIGH-SPEED:下り最大7.2Mbps/上り最大384kbps)

USB接続
・下り 1.001Mbps (125.1kByte/sec) 測定品質 93.1
・上り 369.0kbps (46.13kByte/sec) 測定品質 99.1

最後に

ドコモコネクションマネージャの表示が『mopera U 128K通信(従量)』になっていて通信料がガンガン上がっていくのでちょっと怖いですw

カロッツェリアのナビとF-01AをBluetoothで接続しているのでスマートループやCDタイトルの取得などパケット代を気にせず使えそうです(いままでは従量課金で接続していたのでスマートループは必要な時のみ使ってましたよ!)

つーことでフルブラウザ使いまくりでパケ代が上限5,985yenになっちゃってる人は通信速度が遅いものの+数百円でパソコンも接続できますよ!というお話でした。

 

(覚書き)

F-01AのAPNを書き換えてcid=5を128K接続に設定しました。
この場合、ダイヤルアップの電話番号は *99***5# となります。
(L-02Aも同じダイヤルアップの電話番号なのでちょっと嫌だったのです)

APN書き換えは『ドコモコネクションマネージャー』または『FOMA PC設定ソフト』でできますが、間違った設定で違うプランのアクセスポイントに接続するとパケ死することもありますので変更の際は十分注意してください。

F-01A
cid=1 mopera.ne.jp(PPP接続)
cid=3 mopera.net(IP接続)
cid=5 mpr.ex-pkt.net(PPP接続) *128kbps接続

L-02A
cid=1 mopera.ne.jp(PPP接続)
cid=2 mopera.flat.foma.ne.jp(IP接続) *定額データプラン
cid=3 mopera.net(IP接続)
cid=4 0120.mopera.net(IP接続)

Posted by myaguchi at 23:27 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年10月 7日

1124

[pc]
ノートンインターネットセキュリティに振り回される。


ウイルス対策は2008バージョンはウイルスバスターだったんだけど、2009バージョンからNorton Internet Securityを使ってます。

ウイルスバスターからノートンに変えた理由は、警告がうまく解除できなくてブロック解除登録したソフト(プログラム)でもブロックされまくりでうんざりしたので。

ところが、2009年09月某日問題発生。なんのことはない2010バージョンが発表される前に1年更新期限が切れてしまったのですw

去年より発売日が遅かったんですよね。しかたなく、NOD32体験版をインストールしていたところ、Norton Internet Security 2010が発表されます。USBメモリ版の発売は10月だったのでとりあえず2010体験版をインストール。Amazonで注文していた製品版が届いて上書きインストールしたところ。。。

アクティベーションができない!

プロダクトキーが間違っているとか言いやがる。2本買ったのでもうひとつので試してみたが結果は一緒。いったんアンインストール後、インストールしてもダメ。

結局、サポートに問い合わせてネットからファイルをダウンロード、インストールしたところ問題なくアクティベーションできたのですがそれでは買ったメディアの意味がない。どうなってるんですかホントに、というお話でした。

余談ですが、サポートに問い合わせる際、電話、メール、チャットがあったので?と思いつつチャットで問い合わせてみました。今回はファイルダウンロードしないといけなかったので電話だと大変だったかもしれませんね。

最近はMicrosoftから無料のMicrosoft Security Essentialsとかリリースされているようでそろそろ無料のアンチウイルスソフトでもいいような気はしてますがどうなんでしょう?

Posted by myaguchi at 17:01 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年10月 5日

1123

[pc]
Microsoft LifeCam Cinema気に入った!


まずはじめに。
うちの場合、ニコ生車載放送、つまり、屋外で使うときの話なので 室内ではかなり話が違います。スタパトロニクスMobileがすごく参考になると思うのでまず紹介。

てなわけで、フツーにも使えるし、ちょっとキレイな絵も撮れるし、扱いやすくてカッコイイWebカメラが欲しい、てな人はこのLifeCam Cinemaをチェックしてみると楽しいかもしんない。

届いたばかりでほとんど使ってない状態ですがファーストインプレッションを。

Logicool Qcam Pro for Notebooks(QCAM-200V)の置き換えで使いたいと思い買ったんですが、悩んだところもあります。

(よさそうなところ)

  • HD(720p)はいらないけどガラスレンズだしキレイに撮れそう
  • ノイズキャンセル機能搭載の内蔵マイク
  • スタンドがフレキシブルでスイングもできる

(よくわからないところ)

  • 要求スペックが高い → Pentium Dual-Core 1.6 GHz 以上
  • 実売価格が安いのでホントに画質は大丈夫なのかなぁ?
  • viliv S5にどうやって固定しようか(車載には関係ないですが)

そもそも、viliv S5はネットブックでATOM Z520と非力なCPUで動くがどうかも怪しかったのですが、機能限定で動作しました!

(左:viliv S5/右:デスクトップ:動作が怪しい解像度は!マークつくようです)

ニコ生の解像度は最大でも640x480ですが、今日の車載テスト放送ではviliv S5でも問題なく放送できました。

QcamとLifeCamで大きく違ったのが自動露出補正です。夜、車載放送すると真っ暗でなにもみえないことが多々あるのですが、LifeCamは笑えるぐらい明るく補正をかけてきます。信号待ちで止まっているとき、前のクルマが白飛びしてみえないぐらい明るいです。Qcamは少し明るいかな?ぐらいの自然な感じです。
普通ならQcamを選ぶところですが、夜の車載放送はLifeCamぐらい派手に露出補正かけてくれたほうがわかりやすくていいなぁということで、ニコ生車載するならLifeCamいいなぁと思った訳です。もちろん、気になる人はどちらも手動で補正することができるのでこれはないなと思ったら調節可能です。

画質は普通に綺麗で安心しました。ニコ生放送するには問題なし。車載動画を録画してニコニコ動画にアップするにもいいと思うんですが、PCスペックがある程度必要なのとハンディカムのように手ぶれ補正がついてないのでそのあたりは好みが分かれると思います。

内蔵マイクのノイズキャンセル機能は外ではちょっと厳しいようで、ロードノイズとかひろいまくりでした。ただ、Qcamのようにオーバーレンジでバシバシ音がすることはなかったので遮音性の高いクルマなら問題ないかも?

スタンドがスイングするのはすごく便利。ただ、フレキシブルすぎてどう固定すればいいのか悩みます。本体が軽い点もガタガタ揺れる環境では安定しない原因のひとつかも。Qcam Pro for Notebooksはクリップ式なのではさむところがあればしっかり固定できるけどスイングできない。ここは悩ましいところですが、100yenショップに売ってる洗ったら粘着力が復活するクッションで貼ればLifeCamがいいかな?

Qcam Pro 9000を使っている人ならこの小ささはかなり魅力的かもしれません。9000との比較もできればいいのですが、誰か貸してくれませんかw

また、amazonでの実売価格が6,000yen切ってるのでコストパフォーマンスはかなり高いと思います。Qcam Proも安くなってきてるのですがそれでも少しお値段高いです。

ということで、長くなりましたが個人的には買ってよかったです!

Posted by myaguchi at 23:26 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年9月15日

1117

[viliv S5]
viliv S5の車載マウントを自作しよう! その2


viliv S5の車載マウントを自作しよう!で純正カーキット+家にあった材料でクルマ用スタンドを作ったのですが、どうも微妙だったので市販品買いました。

CAR-HLD2Bk(サンワサプライ)

これにそのままviliv S5を取り付けられました。

でも、実は純正カーキットのクリアパーツの部分も加工なしで取り付けできるんです。クルマに取り付けたときの高さを変えたかったので部品を上下逆に取り付け。

viliv S5を取り付けてみるとさっきの写真と比べてもずいぶんすっきりします。

今回サンワサプライのものを買ったのはamazonで1,000yenぐらいと安かったからなのですが、クリアパーツ部分はリヒター(HERBERT RICHTER)製品に対応しているみたいなので『RICHTER VENT MOUNT 4 SWIVEL(No.HR-1534)』あたりを買うと角度調整もできていい感じかもしれません。

あっ。クルマに搭載しているときの写真忘れた。今度撮って追加しときます。

Posted by myaguchi at 02:06 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年9月13日

1116

[viliv S5]
viliv S5の車載マウントを自作しよう!


viliv S5を購入したときカーキットが付属していました。が、どうもフロントガラス取り付けを意識した作りになってるのか、ダッシュボードに取り付けるとアームが長すぎてやたら高い位置に画面が来てしまい視界を妨げてしまう。とりあえず、間に合わせで付属スタンドを活用しつつ車載スタンドを自作してみた。

材料は家にあったエアコンルーバーに取り付けるドリンクホルダとかネジとかステンレス?のバーとかありあわせのもの。

さて作り方。

  1. 純正車載マウントの真ん中からはずすと中に1本ネジが見えます。このネジをはずすと吸盤部分がはずれます。
  2. ステンレスのバーを折り曲げて
  3. ステンレスのバーを吸盤を止めていたネジの穴を使ってスタンドに固定。さらに、ドリンクホルダーのアーム部分もくっつけるとできあがり。

って途中はしょりすぎですw
クルマに取り付けた写真がこんなかんじ。さくっと作ったわりにはうまいことおさまったのですが、もうちょっと小さくまとめたいので汎用スタンド買う予定です。

Posted by myaguchi at 19:58 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年9月 1日

1115

[Bluetooth]
viliv S5で車載配信環境の構築中。


viliv S5って小さいし、バッテリーが比較的もつし、GPS内蔵だしということでニコ生とかUSTREAMで車載配信するにはいい感じ。

とりあえず覚書きメモっときます。

熱に弱い?
viliv S5はどうも熱に弱いようなのです。原因が熱だといいきれないのですが、家で使ってるときも結構熱くなってるときにフリーズしやすい気がするので車内で直射日光が当たる状態は避けたほうがいいかもしれません。エアコンの風を直に当てたらいいのかな? 結露するかな?

マイク端子がない
ニコ生配信だとマイクつなぎたくなるんですが、マイク端子がないのです。
解決方法でアドバイスいただいた点を挙げておきます。

1.Bluetoothヘッドセット
ひとつしかない貴重なUSBコネクタをふさがないいい方法なのですが、うちにあったVOYAGER 510(PLANTRONICS)でテストしたところ、プチプチ音がするようです。DRC-BT15(SONY)とか試してみたいのですが持ってないのでどこかでレビューされないかなぁと期待してます。

2.WEBカメラ内蔵マイクを使う
Qcam Pro for Notebooks(Logicool)とQcam Orbit AF(Logicool) で試してみましたが、家で使うときは問題なくてノイズも少なくいい感じ。車載環境では録音レベルを最低に設定してもレベルメータが振り切ってしまいパチパチ音がしてしまい使えない状態でした。惜しい。

3.USBオーディオインターフェイス経由でマイクをつなぐ
USB→ミニプラグ変換のオーディオインターフェイスです。これはまだ試してないのですが、USBマイクのHS-MC02UBK(ELECOM)を注文しているので届いたら試してみます。これでいけるかな?

ホントはAUDIOUSB-AP(玄人志向)のマイク版があればよかったのになぁと思ってるんですがどうもないらしい。
ちなみに、再生機能なしの物を選んだ理由は、刺したときにサウンドプロパティの再生側がUSBオーディオデバイスに変わってしまうのを避けたかったためですのですが変わっちゃいました。
(追記)HS-MC02UBK問題なく使えました。ただ、車載で使う場合はノイズが大きめだったためマイク部分をECM-PC50(SONY)に交換して使うことにしました。

通信手段
とにかくUSBがひとつしかないのでケータイつなぐのも悩みのひとつ。

1.BluetoothでDUN接続
F-01A使ってたときはBluetoothでDUN接続できたのでケーブルレスで便利です。イーモバイルならEMONSTERとかでも接続できるようです。

2.モバイルアクセスポイント
いまはPHS300+L-02Aの組み合わせで無線LAN経由でケータイ接続してます。これもケーブルレスなので便利です。(iPhoneもPHS300につないでいたりw)

USBハブ
USBがひとつしかないのでいざというとき?のためにUSBハブが欲しい。小さいのがいいかなと思って直挿し3ポートタイプのU2H-TZ300B(ELECOM)を購入しました。挿したとき、viliv S5と物理的に多少干渉してしまうのですが認識はしてます。USBコネクタがくるくるまわるので回転部分をテープで固定しました。ただ、直挿しはUSBコネクタにストレスかかりそうなので延長ケーブルを使ったほうがいいかも? USBハブ機能はありませんが、単純にUSBコネクタの向きを変えたいだけならUSBアダプタ NORMALタイプが良さそうです。

USBハブ接続状態、USBコネクタへのストレスが気になるのでこのままホットメルトで固めしてしまってもいいかもしれない。USBハブの分厚さはどうしてもあるものの、USBコネクタが飛び出す位置が上方にオフセットされるので 左手で持っても意外に邪魔にならない。

全部入り状態w USBハブにL-02AとQcam Pro for Notebooksを搭載すると歩きながら配信できそうですが、かなりあやしいかも(見た目的にもUSBバスパワー電力的にも)

先日の歩きながら配信ではQcam Pro for Notebooksだけ本体に接続。
回線は無線LAN~PHS300経由でL-02Aへ。これなら少しシンプルです。

背面から見るとこんな感じ。

 

っと、ちょっと長くなってきたので今日はこの辺で。
ソフトについて書いてないのでまた続くかも?

Posted by myaguchi at 04:25 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年8月30日

1114

[FUJITSU LOOX P70UN]
パソコンで使うマイクを比較してみた。


ニコ生で配信するときいちばん難しいのは音だと個人的にはいつも思う。これはニコ生に限らず、以前からSkype、Ustream、Peercastと音を伝えるときはいつも感じていたのです。パソコンが変わると設定も変わるし、マイクが同じでもサウンドボードが変わると違うし、なかなかうまくいったためしがない。音質はともかく、音量が大きすぎ、小さすぎ、ノイズが大きいなどいろいろ問題に遭遇しました。

今日はニコ生配信でうちにあったマイクを比較しながらリスナーの方からコメントいただきました。本当にありがとうございます。車載ではなく家での評価でしたが、試してみたのは次の5つ。すべてLOOX Pで確認しています。

(左から ECM-DS30P / ECM-PC50 / HS-MC01 / Qcam Orbit AF)

  1. LOOX P70UN内蔵マイク
  2. HS-MC01(ELECOM)
  3. ECM-PC50(SONY)
  4. ECM-DS30P(SONY)
  5. Qcam Orbit AF(Logicool)

1.~4.はマイクコネクタ(ミニプラグ)接続のノートパソコン内蔵サウンドを利用、5.はWEBカメラ内蔵USB接続のサウンドデバイスとなります。

結論から書くと、1.~4.は総じて『マイクブーストON』だとノイズが多い。『マイクブーストOFF』だと音量が小さすぎてあまり聞こえない。5.はノイズが少なくて良好。

今回の比較ではいつも使っている『Qcam Pro for Notebooks』と『Eyetoy』(どちらもUSB接続)のテストをしていないのが残念ですが、マイクじゃなくてサウンドボードの影響が大きいのかな?とも思っているのでもう少し試行錯誤が必要なようです。

また、他のマイクもいろいろ教えていただいたので予算と相談しながら、これだ!と思った物は試してみたいと思います。『これいいよ!』とか『これ使ってます!』情報いただけるとホント助かりますのでぜひぜひよろしくお願いいたします。

Posted by myaguchi at 03:03 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年8月29日

1112

[pc]
viliv S5にインストールしたソフトとか注意点とか。


続きです。続きました。

基本的にパソコンには必要最小限のソフトしかインストールしない人なのであまり書くこともないのですが、購入してから作業した内容をメモしておきます。2ちゃんねるとかまとめwikiとかユーザさんのブログとかいろいろ勉強になりました。ありがとうございます。

(キャプチャ画面です)

BlueSoleil(Bluetooth)がCPU使用率50%ぐらい使っちゃう問題

購入直後は問題なかった気がするんですが、Microsoftアップデートとかし終わってふと気がつくとこの問題に遭遇。タスクマネージャのパフォーマンスタブでCPUの片方が100%状態でした。ちなみにWindows xpはSP3にアップデートはせず、購入時のSP2のまま使ってます。

コントロールパネルの『アプリケーションの追加と削除』でBlueSoleilを削除。i-viliv経由でBlueSoleil再インストールで問題解決しました。

無線LANが切断されてしまう問題

発生タイミングはよくわからないのですが、無線LANが切れてしまう問題に遭遇。

無線LANの『Power Save Mode』を『Disable』にすることで問題解消。
コントロールパネルの『システム』-『ハードウェア』-『デバイスマネージャ』で、Marvell sd8686 Wireless LAN SDIO Adapterを探します。プロパティを開くと『詳細設定』タブに上記項目があります。

キーボード関連

viliv S5はキーボードがないのでここがいちばん苦労するところかもしれません。

・標準ソフトウェアキーボード
画面の専有面積が大きいので両手親指入力できるかなと思ったのですがなかなかむずかしいので結局スタイラスで入力してます。タッチするとブルッと震えるのですが、文字が入力できてないときがあるので要注意。

PIGYソフトウェアキーボード
スキンでカスタマイズできるので便利。vaio VGN-UX用に作られたpigy_blue_keyというスキンを使ってて横幅ぴったりで縦はちょうどよくてかっこよくていうことなし。といいたいところですが、ファンクションキーがないので他のスキン探すか自分でスキン作ろうか考え中です。

・Air Mouse
iPhoneをマウス+キーボードとして使うとき。ソフトウェアキーボードと違って画面を占有しないのでいい感じですが、無線LAN経由で使わなければならないのがネック。うちは外で使うときもPHS300(モバイルアクセスポイント)を使っているので無線LANでネットワークが構築されてるので問題ないです。

Synergy(日本語対応版)
ソフトインストールとかだだっと作業するときはデスクトップのキーボードをSynergyで共有して使っています。無線LAN経由で接続してるときのみ。

システムモニター
ネットブックって使ったことないのでCPU使用率とか気になっちゃってタスクマネージャを頻繁に開いてたので、試しにAkabei Monitor入れてみました。スキンをAkabei Slim plusにして画面上部に表示しています。SSDのアクセスランプが表示されてちょっとうれしい。(viliv S5にはアクセスランプが物理的についてないのです)

音量表示
本体上部にボリュームボタンがついているのですが、音量変えてもどれぐらいかよくわからないのでオンスクリーンボリュームビューア入れてみました。他にも似たソフトはあるんですが、車載配信時に見やすいほうがいいのでこれにしたんです。音量を頻繁に変えるのですごく便利です。

マウスジェスチャー
マウスジェスチャー使えたほうが便利かなと思ってマウ筋入れてみたんですが、使いこなせてません。デスクトップパソコンでFirefox使うときは普通にマウスジェスチャー使ってるのになんでかなと考えたんですが、右利きなのに右クリックボタンが右側についてるからかなと思ってます。右手でボタン押しながら左手じゃジェスチャーできないw 180°逆さまにしボタン左側にもってくれば使えるんですがこのあたりは慣れかな?

ということで。

文字ばかりで長くなってしまいましたが設定メモはこのあたりで終了です。
あとはタスクバーのアイコンが多すぎるのでどうしようか考え中です。タスクバーを『自動的に隠す』設定にしたいんだけどそうするとタッチパネルでアプリ切り替えが難しいし悩みどころなのです。あ。右側にタスクバー持ってこようかな(今ひらめいた)

続くかも?

Posted by myaguchi at 02:07 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年8月26日

1110

[Digital Gadget]
viliv S5 が来たよ!


LOOX Pがあるからネットブックはいらないなぁと思ってたんですが、これは!とつい反応してしまって悩んだあげく購入したのです。viliv S5。

(下のスタンドはマウスの充電台なので本体とは関係ないです)

キーボードがないピュアタブレットっぽいというか、動画プレイヤーにしかみえないですがいちおうパソコンです。OSはWindows XpでSSD 32GBモデル。詳しいスペックはブルレーで。

初代PSPとほぼ同じぐらいの大きさなので拡張性はなくていろいろ悩むところはあるのですが、いろんな情報をもとに試行錯誤してます。

で、うちの場合はやはりニコ生での車載配信に使えるか?というところが気になってたんですがテスト放送してみたところなんとか使えそうです。

 

(ニコニコ生放送の配信に使ってるソフト)

(構成)

  • PC
    • viliv S5(YUKYUNG TECHNOLOGIES INC.)
  • カメラ
    • Qcam Pro for Notebooks (Logicool)
  • マイク
    • EyeToy (SCE)
  • ケータイ
    • L-02A (docomo)
  • モバイルルーター
    • PHS300 (CradlePoint)

続くかも?

Posted by myaguchi at 01:21 | Comments [0] | Trackbacks [0]