2010年1月 1日

1132

[etc.]
あけましておめでとうございます。


毎年恒例の宗像大社へ初詣に行ってきました。

おみくじはひさしぶりに『大吉』
福みくじは『14等 タマゴかけご飯用の醤油』
ということでなんだか幸先いいです!

2008年1月1日のエントリーにも旧志免鉱業所竪坑櫓を貼ってますが、今回はケータイで撮ってきたのを貼ってみます。今日撮影しましたよ!

今年もゆるっとよろしくお願いいたします。

Posted by myaguchi at 23:29 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年12月 4日

1129

[Bluetooth]
パケ・ホーダイダブル128kbps接続をセットアップしてみた


タイトルが長いですが本文もかなり長いです。

(ドコモショップってかなり対応いいと思うんですが、ことデータ通信に関しては以前から残念な対応ばかりで今回もしかり。アクセスポイント、接続情報については後日電話をいただいて確認した内容を書いています。。。)

2009年12月からパケ・ホーダイダブル、パケ・ホーダイシンプルでパソコンなどを接続した受信最大128kbpsの通信を上限5,985yenで使えるメニューが増えました。通信速度は遅いですが、上限金額がケータイのiモードフルブラウザ使用のときの最大金額と同じというのがポイント。詳しくはニュースリリースで。

特定のアクセスポイントに接続することで、パソコンなどの外部機器を接続した受信最大128kbpsの通信を上限5,985円(税込)でご利用いただけるよう、パケット定額サービス「パケ・ホーダイ® ダブル」に2009年12月1日(火曜)よりメニュー追加いたします。

via: 報道発表資料 : パケット定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル」のメニューを追加 | お知らせ | NTTドコモ

以下、F-01AとパソコンをBluetooth接続して通信するときの設定メモ。

条件・注意点

・ パケ・ホーダイダブル または パケ・ホーダイシンプル を契約している
・ mopera U スタンダード または ライト を契約している
・ 128k接続用のアクセスポイントに接続する

Bluetooth接続で通信する場合の注意点

Bluetooth経由で接続先(APN)を設定してください。
パソコンとケータイをBluetoothでペアリングしてからドコモコネクションマネージャで設定するとうまくいくかと。

パソコンとケータイ(F-01A)をBluetoothでペアリングする

・ケータイ(F-01A)
[MENU] - 6[LifeKit] – *[Bluetooth] – 5[ダイヤルアップ登録待受]

・パソコン
新規Bluetoothデバイスを検索する。F-01Aが見つかったらペアリングします。

ケータイ画面に『(デバイス名)から接続を求められています。接続しますか?』と表示が出たら『はい』を選んだ後パスキーを入力。パソコンでも同じパスキーを入力します。ケータイ画面に『(デバイス名)登録しました』と表示されればペアリング完了です。

F-01Aでは [MENU] - 6[LifeKit] – *[Bluetooth] – 2[登録機器リスト]で登録を確認できます。接続待機中になっていない場合は機器を選んで決定を押すと接続待機になります。

ドコモコネクションマネージャの設定

(注意) 最新版をダウンロードして下さい。以下説明文は Ver 3.1.2 です。

mopera U 公式サイトにわかりやすい説明があります

今回は設定ウィザードを使いました([設定] – [設定ウィザード])
公式サイトがあるので説明抜きで画面だけ貼っておきます。

設定完了です。『接続する』ボタンで接続してみましょう

『mpr.ex-pkt.net』に接続されていればOK

接続できました!

接続先(APN)を確認してみると 番号(cid)=2 に追加されてます。
ダイヤルアップの電話番号は *99***2# です。


スピードテストしてみました。
USB接続とBluetooth接続はどちらも同じぐらいの速度ですね。

F-01A + viliv S5(ネットブック)
(パケ・ホーダイシンプル128K接続:下り最大128kbps/上り最大64kbps)

USB接続
・下り 123.5kbps (15.44kByte/sec) 測定品質 94.2
・上り 60.84kbps (7.604kByte/sec) 測定品質 96.9

Bluetooth接続
・下り 122.9kbps (15.36kByte/sec) 測定品質 96.5 
・上り 60.70kbps (7.588kByte/sec) 測定品質 97.5

参考) L-02A + viliv S5(ネットブック)
(定額データプランHIGH-SPEED:下り最大7.2Mbps/上り最大384kbps)

USB接続
・下り 1.001Mbps (125.1kByte/sec) 測定品質 93.1
・上り 369.0kbps (46.13kByte/sec) 測定品質 99.1

最後に

ドコモコネクションマネージャの表示が『mopera U 128K通信(従量)』になっていて通信料がガンガン上がっていくのでちょっと怖いですw

カロッツェリアのナビとF-01AをBluetoothで接続しているのでスマートループやCDタイトルの取得などパケット代を気にせず使えそうです(いままでは従量課金で接続していたのでスマートループは必要な時のみ使ってましたよ!)

つーことでフルブラウザ使いまくりでパケ代が上限5,985yenになっちゃってる人は通信速度が遅いものの+数百円でパソコンも接続できますよ!というお話でした。

 

(覚書き)

F-01AのAPNを書き換えてcid=5を128K接続に設定しました。
この場合、ダイヤルアップの電話番号は *99***5# となります。
(L-02Aも同じダイヤルアップの電話番号なのでちょっと嫌だったのです)

APN書き換えは『ドコモコネクションマネージャー』または『FOMA PC設定ソフト』でできますが、間違った設定で違うプランのアクセスポイントに接続するとパケ死することもありますので変更の際は十分注意してください。

F-01A
cid=1 mopera.ne.jp(PPP接続)
cid=3 mopera.net(IP接続)
cid=5 mpr.ex-pkt.net(PPP接続) *128kbps接続

L-02A
cid=1 mopera.ne.jp(PPP接続)
cid=2 mopera.flat.foma.ne.jp(IP接続) *定額データプラン
cid=3 mopera.net(IP接続)
cid=4 0120.mopera.net(IP接続)

Posted by myaguchi at 23:27 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年9月 1日

1115

[Bluetooth]
viliv S5で車載配信環境の構築中。


viliv S5って小さいし、バッテリーが比較的もつし、GPS内蔵だしということでニコ生とかUSTREAMで車載配信するにはいい感じ。

とりあえず覚書きメモっときます。

熱に弱い?
viliv S5はどうも熱に弱いようなのです。原因が熱だといいきれないのですが、家で使ってるときも結構熱くなってるときにフリーズしやすい気がするので車内で直射日光が当たる状態は避けたほうがいいかもしれません。エアコンの風を直に当てたらいいのかな? 結露するかな?

マイク端子がない
ニコ生配信だとマイクつなぎたくなるんですが、マイク端子がないのです。
解決方法でアドバイスいただいた点を挙げておきます。

1.Bluetoothヘッドセット
ひとつしかない貴重なUSBコネクタをふさがないいい方法なのですが、うちにあったVOYAGER 510(PLANTRONICS)でテストしたところ、プチプチ音がするようです。DRC-BT15(SONY)とか試してみたいのですが持ってないのでどこかでレビューされないかなぁと期待してます。

2.WEBカメラ内蔵マイクを使う
Qcam Pro for Notebooks(Logicool)とQcam Orbit AF(Logicool) で試してみましたが、家で使うときは問題なくてノイズも少なくいい感じ。車載環境では録音レベルを最低に設定してもレベルメータが振り切ってしまいパチパチ音がしてしまい使えない状態でした。惜しい。

3.USBオーディオインターフェイス経由でマイクをつなぐ
USB→ミニプラグ変換のオーディオインターフェイスです。これはまだ試してないのですが、USBマイクのHS-MC02UBK(ELECOM)を注文しているので届いたら試してみます。これでいけるかな?

ホントはAUDIOUSB-AP(玄人志向)のマイク版があればよかったのになぁと思ってるんですがどうもないらしい。
ちなみに、再生機能なしの物を選んだ理由は、刺したときにサウンドプロパティの再生側がUSBオーディオデバイスに変わってしまうのを避けたかったためですのですが変わっちゃいました。
(追記)HS-MC02UBK問題なく使えました。ただ、車載で使う場合はノイズが大きめだったためマイク部分をECM-PC50(SONY)に交換して使うことにしました。

通信手段
とにかくUSBがひとつしかないのでケータイつなぐのも悩みのひとつ。

1.BluetoothでDUN接続
F-01A使ってたときはBluetoothでDUN接続できたのでケーブルレスで便利です。イーモバイルならEMONSTERとかでも接続できるようです。

2.モバイルアクセスポイント
いまはPHS300+L-02Aの組み合わせで無線LAN経由でケータイ接続してます。これもケーブルレスなので便利です。(iPhoneもPHS300につないでいたりw)

USBハブ
USBがひとつしかないのでいざというとき?のためにUSBハブが欲しい。小さいのがいいかなと思って直挿し3ポートタイプのU2H-TZ300B(ELECOM)を購入しました。挿したとき、viliv S5と物理的に多少干渉してしまうのですが認識はしてます。USBコネクタがくるくるまわるので回転部分をテープで固定しました。ただ、直挿しはUSBコネクタにストレスかかりそうなので延長ケーブルを使ったほうがいいかも? USBハブ機能はありませんが、単純にUSBコネクタの向きを変えたいだけならUSBアダプタ NORMALタイプが良さそうです。

USBハブ接続状態、USBコネクタへのストレスが気になるのでこのままホットメルトで固めしてしまってもいいかもしれない。USBハブの分厚さはどうしてもあるものの、USBコネクタが飛び出す位置が上方にオフセットされるので 左手で持っても意外に邪魔にならない。

全部入り状態w USBハブにL-02AとQcam Pro for Notebooksを搭載すると歩きながら配信できそうですが、かなりあやしいかも(見た目的にもUSBバスパワー電力的にも)

先日の歩きながら配信ではQcam Pro for Notebooksだけ本体に接続。
回線は無線LAN~PHS300経由でL-02Aへ。これなら少しシンプルです。

背面から見るとこんな感じ。

 

っと、ちょっと長くなってきたので今日はこの辺で。
ソフトについて書いてないのでまた続くかも?

Posted by myaguchi at 04:25 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年8月 5日

1106

[vitz]
ニコ生とかustreamで車載配信する方法。


今ココなう!(β)の存在を知ってひさしぶりに車載生放送に目覚めたわけですが、なんとなく環境が整ってきたので書いておきます。

ハードウェア
ケータイ F-01A (docomo)
パソコン LOOX P70UN (Fujitsu)
GPS GPS20C (IBSJapan)
USBカメラ EyeToy (Sony)
Qcam Pro for Notebooks (Logicool)
マイク EyeToy (Sony)
その他 キーボード、マウス、通信ケーブルなど。
ソフトウェア
今ココなうクライアント 位置情報を今ココなう!やtwitterに送信
SimpleLive 配信君
ニコニコ生放送・モバイル配信用簡易放送ツール
NicoLiveComment ニコ生コメント受信。SofTalk連携
SofTalk ゆっくり。走行中は画面見ないのでコメント読上げ用

 

うちのヴィッツ(ドライバー視点)

  • ヴィッツはセンターメーターなので運転席前の空間をうまく使ってパソコンの搭載を考えました

で、搭載した結果。。。

  • 運転席前の物入れふたを取り外しました!
  • タブレットPCの画面を回転させて本体キーボードが使えない状態で置いています。画面右下のボタンでバックライトON/OFFできるので走行中はOFFで走っています。
  • レーダー探知機(銀色枠のちっちゃい画面)のところにUSBカメラをクリップで固定。EyeToyの時はセンターメータ上あたりに100均で買った耐震粘着シート(貼ってはがせるやつ)で固定。
  • GPSは隠れて見えないです。ノートパソコンとはBluetoothで接続。

位置関係がわかりやすいように上から視点

  • パソコン画面を倒しています。この状態だとR-VIT DSも隠れず見える
  • USBコネクタ、電源コネクタ、オーディオ出力がノートパソコン向かって左側に集中しているので空きスペースを利用して配線できました。
  • ケータイ置いているところはコインホルダーなのでパソコンはこれ以上右にずれることはないです。奥が少し下がってるのでハンドル側にパソコンが飛び出すこともないのですが、ずれないシートをパソコンの下に敷いています。

走行中にいただいたコメントはゆっくりの読み上げに頼ってますが、信号などで止まったときでもコメントが読みやすいように配置できたので読み上げなしでも大丈夫かなと思う。視界も邪魔しないのでしばらくはこの形で運用します。

また、写真のつながりでわかるとおり、運転席の物入れふたはクリップ止めで簡単に取り外しできるので、車載配信しないときはふたをつけて元通りに戻しています。

(注意)
運転席の物入れふたは本来、クリップ+ねじ止めなのですがねじをはずしています。ダッシュボード内側からねじ止めされているのではずすのがめっちゃ大変。手が入らんって(汗

(今後の課題)
今回はソフトウェアについて触れていませんが、非力マシンでCPU負荷が結構高かったりするので負荷削減の方法を考えていきたいと思います。

(リンク)

Posted by myaguchi at 02:46 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2009年2月13日

1084

[ケータイ]
docomo F-01Aデビューのススメ


102_2036

ケータイ会議で富士通のケータイに目覚めてから早1年。ケータイ会議3には参加していませんが、いつの間にかF-01Aを買っていたりします。

正確には昨年の発売日あたりに買っているのでがっつり使い込んでますよ。購入のきっかけになったのはこちらのエントリー。

一度ペアリングが完了すればあとは簡単。DRC-BT15の電源を入れると、F-01Aが自動でハンズフリーモードを認識。

DRC-BT15は持ってないのですが、Bluetoothを「自動で認識する」らしいから、これは!と思ったのです。P902iはBluetoothを搭載しているものの、いちいち接続しないといけなかったのですよ。これではちょっと残念な感じなのです。

で、クルマに乗ることが多い人としてはとても便利。carrozzeriaのカーナビにオプションのBluetooth接続キット(ND-BT1)を組み合わせて使ってますが、クルマに乗ってエンジンをかけると自動でケータイ認識。電話がかかってきたら何も気にせずにハンズフリーで通話できます。

ケータイ会議(1)のときに開発者の方に「Bluetoothは搭載しないんですか?」と聞いたんですが、あまり搭載する雰囲気ではなかったのでF-01Aで搭載されたと知ってびっくりしたんですが、もしかしてあのときの一言がきっかけになったのかなぁなんて自分一人で勘違いしている次第ですw

F-01A/F-02A/F-03A最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト【ケータイ会議3 sponsored by 富士通】ではいろんなレビューが載っていますので多機能なF-01Aを使いこなすにはとても参考にさせていただいてます。また機会があればケータイ会議に参加したいですね~。

Posted by myaguchi at 00:23 | Comments [0] | Trackbacks [0]